youtube live

CLF

朴玉洙牧師 ホームページ
福音組

GOOD NEWS MISSION

▲(左)アメリカ全域にわたり福音を伝えたクリスマスカンタータ (LAシュライン・オーディトリアム)
▲(右)アフリカ奥地の宣教活動



グッドニュース宣教会は、朝鮮戦争以降、アメリカ、イギリスなどの 国から派遣された本格派福音主義宣教師たちが立てた宣教学校 で、1期生として訓練を受けたパク・オクス牧師によって設立されまし た。パク・オクス牧師は、すべての宣教師が本国に帰った後、1976年 から宣教学校を委任され、グッドニュース宣教会を率いてきました。 グッドニュース宣教会は、2013年現在、国内に178の教会を設立 し、1989年から現在にいたるまで海外80カ国に214人の宣教師を 派遣しました。「Mahanaim Bible College」を建て、現地の人々を伝道 者として教育・養成し、400余りの現地教会を開拓して宣教が定着 できるように働いています。(国内外の教会総760余り) 主な活動として、国内外の聖書セミナーや冬・夏季の信仰キャン プ、学生キャンプなどを通して福音を広めており、宣教活動ととも に、世界の様々な国で、青少年活動を展開しており、30カ国にNGO 団体を設立し、青少年のマインド教育、文化交流、教育アカデミー、 社会奉仕活動などを展開しています。 国内の大学生による海外奉仕団員を派遣しており、アフリカや中南 米では医療ボランティア活動、学校設立、放送局設立などを通し、 宣教活動を活発に行っています。下は、グッドニュース宣教会の現 時点の、全世界の現状を数値で示したものです。


- 178の韓国教会
- 582の海外教会(191の教会は韓国人宣教師によって設立) - 韓国の宣教本部で派遣された214人の宣教師
- 海外の教会から派遣された約400人の牧師(2016.7基準)
- 6,091名の海外短期宣教師(2002~2017)
- 29ヶ国の言語のマハナイムバイブルトレーニングセンター


奥地の宣教
地の果てまで福音を伝えるために、アフリカをはじ め、南米奥地の村、北米の先住民族の村、南太平洋のキリバスとバヌ アツなど聞きなれない島国まで活発に福音を伝えています。

青少年教育
次世代を担う青少年に対し、正しく健やかな精神を 持ったリーダーになれるように様々な活動でサポートしています。ベナ ンやスワジランドなどでは、罪悪と暗闇に溺れていた青少年たちが新 しく変わるのを見て、政府からGOOD NEWS MISSIONの活動を積極的 に後援しています。

主な活動
主要都市での聖書セミナー、冬・夏季の信仰キャンプ、 海外宣教活動等。青少年を育成する先導的教育のためにNGO団体 を設立して(53ヶ国余)、80ヶ国余りの国にIYF支部を設け、教育や 文化交流、教育アカデミー、社会奉仕など、各国の政府の青少年教 育パートナーとして活動しています。


宣教活動


1986年、初めて韓国の釜山 で開かれた聖書セミナーは、 毎年主要都市で30年間も続 けられ、宣教の大きな役割を 果たしてきました。 冬・夏季の信仰キャンプは 2018年で47回目を迎えま す。聖書で信仰の新たな活 力と心の安らぎを得て、恵み あふれる交わりの中で神の
尊い志が見つける大切な時間となります。様々な信仰の教育プログ ラムとアカデミーが運営され、関心のある分野に関する聖書と信仰 が学べます。 日本を含めて80ヶ国余りの海外へ宣教師を派遣し、活動していま す。最近は、アフリカをはじめ、南米奥地の村や北米の先住民族の 村、南太平洋のキリバスとバヌアツなど聞きなれない島国まで活発 に福音を伝えています。2014年、東アフリカの宣教20周年を迎え、 ケニアキリスト教の教団と連合してナイロビで大規模の聖書セミナ ーが開催されました。また、2015年は西部アフリカ宣教20周年を迎 え、ガーナでバイブルセミナーを開催し、アフリカへの福音伝道に新 たな局面を迎えました。



伝道師の育成


▲初期宣教学校時代

1. マハナイムバイブルカレッジ 26ヶ国でマハナイムバイブル カレッジが運営され、牧師同士の交流及び伝道師の育成に力を注ぎ、現地 のキリスト教の指導者たちとともに、福音伝道に貢献しています。
2. 伝道師の教育課程 人の方法ではなく、神だけを頼りに生きる 道を教育し、1976年度から現在に至るまで牧師と宣教師を、約600名 派遣しました。

- マハナイム宣教学校              
1976年大邱で始まり、現在、第76期募集中

- マハナイムサイバー神学校        韓国語、英語、中国語、スペイン語

- マハナイムバイブルカレッジ      26ヶ国で運営中(ケニヤ、ブルガリア、ルワンダ、マラウイ、ジャマイカなど)





国際交流



1. 世界キリスト教指導者フォーラム
海外のマハナイムバイブルカレッジを通して現地の牧師たちとの交 流に基づいた「指導者フォーラム」が全世界に広まり、アメリカ及びガ ーナ、ペルー、インド、ロシアなどで開催されています。特に、アメリカ の多くの牧師たちから、福音を明確にしてくれたという感謝のメッセ ージが多くありました。



2. 世界文化キャンプ
丈夫な心をもった若者養成を目的とした「世界文化キャンプ」は、毎 年韓国で開かれ、40ヶ国から4,000人以上が集まり、約2週間様々 な文化行事や体験活動、リーダーシップ教育を受けるイベントです。 主なプログラムとしては、国際シンポジウムや著名人講演、文化公 演&国際交流行事、体育活動などがあります。また、2009年から は、海外でも開催され、現在は50ヶ国ほどの国で各政府の協力の 下で進んでいます。





メディア宣教





1. 文書宣教
多くの人々に罪から逃れる道を提示したキリス ト教集である「罪の赦し・生まれ変わる秘密」は、 24ヶ国語で翻訳され、全世界の人々を信仰の 世界へ導いています。2009年12月から韓国の 法務部傘下の全国47箇所の刑務所には、100 冊ほど置かれています。その他、80余りのキリス ト教集が発刊されました。「月刊グッドニュース」 (1986.4月初発刊)と「週刊グッドニュース」(毎 週10万部を全国に配布)は、多くの人々が御言 葉と神の働きを接するツールとなっています。


2. 放送宣教
2008年、ケニアの政府からテレビ放送局の設 立許可を得て、2010年から始まったGBS (Good News Broadcasting System) は、アフリカ宣教活動 を幅広く支援しています。 また、パク・オクス牧師の説教は、中南米の最大 スパニッシュ放送であるEnlace番組で2008年か ら放送され、182ヶ国に放送されるロシアTBNで は、2014年10月から放送されています。


3. インターネット宣教
聖書に記されている福音により多くの人々が 簡単で迅速に接するために始まったインターネ ット宣教は、現在、韓国語を基とし、日本語や英 語、中国語、スペイン語、ハンガリー語、タガログ 語、モンゴル語、ロシア語など14ヶ国語のホーム ページで運営されています。 宣教会の主な行事と説教(英語、中国語、ス ペイン語で同時通訳)は、インターネットで生 放送しています。






社会貢献


▲(左)大学生たちの老人ホーム慰問公演
▲(右)
熊本地震被災地復旧ボランティア活動

▲(左) フィリピンの警察庁と麻薬防止担当機関の関係者対象マインド教育
▲(右)医療奉仕団のアフリカ医療ボランティア活動


1. マインド教育
限りない可能性を持っているものの、心 が弱い青少年を変えて、次世代のリーダ ーとして育成するプログラムです。当教育 を通して多くの青少年たちが悪な考えと 暗い人生から逃れ、明るくて健康な人生 を過ごしています。こういった学生たちの 事例が広く知られ、世界的に大きな反響 を呼び起こしています。 また、中国の共青団招待による講演(2009 年)やケニア政府招待による青少年マイ ンドキャンプ(2011年)、フィリピン教育者 マインド教育(2014年)の他、インドやガー ナ、ベナンなど世界から認められ、各国の 政府の要請と協力の中で進めています。


2. 文化芸術宣教
2000年度に創団されたグラシアス合唱 団は、毎年世界40ヶ国で100回以上の 公演を行い、世界の人々に感動と希望の メッセージを届けています。 2011年から始まったクリスマスカンタータ のアメリカ巡回公演は、2015年には25ヶ所の都市で約10万人の観客に美しい音楽だ けではなく、イエスキリストの誕生の意味を伝 えてきました。 また、2015年、世界的に名高いドイツ国際マ ルクトオーバードルフ室内合唱コンクールで最 高賞を受賞し、その他の国際合唱コンクール で大賞を5回、一等賞も受賞し、その実力を 認められました。


3. 軍部隊や武装警察部隊、 義務警察へ慰問及び自殺防止教育

2004年から警察や軍部隊を巡回し、自殺防 止教育及び慰問公演などを行い、安らいだ心 で仕事ができるようにサポートしてきました。 クラシックやダンスなどの公演で軍の士気を 高めて、明るくて強い心を持てるように豊富 な文化体験の機会を与えています。


4. 医療ボランティア活動
2008年から1000人余りの医療陣が約10万 人ほどの医療疎外地域の住民たちの治療と 疾病予防活動を行っています。 医療環境から劣悪な発展途上国に対する実質的な支援のため、国内外の医療陣とボラン ティアが様々な団体からの協賛品と医療装 備の支援を受け、毎年夏休みの代わりにアフ リカへ向かっています。 一日に1000人余りの患者を診るため、身体 は疲れるが医療人としての使命感を尽くすと いう喜びを感じています。


5. 海外ボランティア派遣
毎年、世界84カ国に400~600人ほどの大学 生を派遣しています。教育及び地域開発など のボランティアをして現地のNGO団体の活動 をサポートしています。 「若さを捧げ、彼らの心をつかみたい」という スローガンのもと、ボランティアの学生たちは、 現地の人とともに生活しながら挑戦と変化、 連合を通して自国の文化を世界に知らせる 民間の外交官の役割を果たしています。 2002年10ヶ国に14人の学生から始まり、 2018年度には6000人を超える学生を派遣 してきました。


宣教会の活動