グッドニュースサービス
インターネット礼拝
グッドニュース誌
グッドニュース新聞

朴玉洙牧師 ホームページ
福音組


グッドニュ宣教会を一般教会が異端だという3理由

 

理由1.悟りを通して救われると言う

クォン氏が罪の赦しを悟ってユ氏が「福音を悟ってイ氏が「重生を経験しパク氏が 生まれ変わった体験をしたというのは同じ意味で、「悟って生まれ変わると救われる」と言いながら、その救われた時刻 (霊的誕生日)を知るべきだと言い、肉的誕生日を覚えることのように霊的誕生日を記憶すると救われた証拠だと主張する。彼らの話によると肉的誕生日は親から教えてもらうが、霊的誕生日も 他人が教えてくれたときにわかる、という間違いが発生するようになった。そして、何よりも救いは神の恵みの中で信仰によるものであり、その悟りも信仰によるもので、悟りそのものが信仰のすべてになれない。それなのに、彼らは救いに関する、被動的な「悟り」自体が救われると主張をし、霊地主義的に誤って理解している。

 

理由2.悔い改めを続けて行うのは救われてない証拠だ

救われた人は悔い改める必要がないとし、悔い改めとは文字通り悔いて改めることで、この世から悔いて、神へと改めたので、これ以上改める必要がなく、 すでに、過去、現在、未来の罪がすべて赦されたので、悔い改めを続けてすることは罪の赦しの確信がない証拠なので、救われていない地獄の子となる。それで、「主の祈り」も暗記せず、その祈りもしない。彼らは救いのために一度だけの悔い改め(へブル6:1以下)と聖化(きよめ)のための繰り返しの悔い改めを区別ができず、(詩編 51; 2サムエル 24:10; マタイ 6:12; 1ヨハネ 1:8~9)罪に対する真の痛悔と悔い改めは信仰から来ることを知らない人々だ。

 

理由3.罪人だと告白すると地獄に行く

救われた後は悔い改める必要がないという話と同じ意味で、罪人か、義人か聞いて罪人だと答えると天国は義人だけが入る所で、地獄は罪人が行く所だから、地獄に行くと言う。彼らは自ら義人だというと救われたと言う。信者は神の恵みでイエス・キリストによって義と認められ、聖霊の働きの中で聖化していく。真の信仰は神の御前で、自ら罪人だと告白することが聖書的。パウロも罪に関しては過去時制で告白し、(第1テモテ 1:13) 罪人の頭」に関しては現在時制で告白した点は(第1テモテ1:15)救い派の主張と全く違う。

 

上記の記述に対する本宣教会反論

 

1-1.救いはすべて神の恵みとイエス・キリストを信じることによって成し遂げられます。

救いは神の恵みとイエス・キリストを信じることによって成し遂げられます。但し、真の信仰をイエス・キリストは聖書の御言葉に対する正しい理解と悟りを通して得られます。

救いは主にあります。 あなたの祝福があなたの民の上にありますように(3:8)

あなたがたは、恵みのゆえに信仰によって救われたのです。それは、自分自身から出たことではなく、神からの賜物です。」(エペソ2:8)

またあなたがたも、キリストにあって、真理のことば、すなわちあなたがたの救いの福音を聞き、またそれを信じたことによって、約束の聖霊をもって証印を押されました。」(エペソ1:13)

私たちが主イエスの恵みによって救われたことを私たちは信じますが、あの人たちもそうなのです。」(使徒の働き15:11)

 

上記の御言葉のように、救いは救われる私たちの努力や行いではなく、100%神の恵みによって受けます。すなわち救いは救い主イエス様が私たちのすべての罪を赦すために十字架に付けられ血を流したことによって私達を義と認めた事実を信じることによって受けます。それが信じられるためには救いの福音を正確に知り、心に真の悟りが来なければなりません。

 

しかし、イエスは彼らに答えて言われた。「そんな思い違いをしているのは、聖書も神の力も 知らないからです。」(マタイ22:29)

 

ユダヤ人たちは、長い間自分なりに神を信じてきましたが、ほとんどの人が、神が送ったイエス様を信じずに拒みました。当然、彼らは救われませんでした。彼らは、聖書は持っていましたが、聖書の御言葉を誤解していました。神の御言葉の内面に流れる神の心や志を正確に知らないまま神の御言葉を誤解すると、真の信仰につながりません。ですから、御言葉がイエス・キリストの世界を正確に理解して悟るようにしてくれるのです。

 

これは、あなたがたが知って、わたしを信じ、わたしがその者であることを悟るためだ。」(イザヤ 43:10)

イエスは群衆を呼び寄せて言われた。『聞いて 悟りなさい』」(マタイ15:10)

イエスは言われた。『あなたがたも、まだわからないのですか。』(マタイ15:16)

 

聖書は上記の御言葉以外にも、真の悟りの大事さを数えきれないほど力強く主張しています。イエス様はたびたび群衆に、聞いた御言葉を悟りなさいと言われました。また、ご自身で伝えた御言葉を悟っているかを確認して、悟れないことにもどかしく思いました。もちろん、この悟りは私たちの知恵や努力によってできるものではなく、神の主権と聖霊の働きによらなければなりません。それで使徒パウロも福音を伝えるときに下記のような心境で神の力と聖霊が現れるように恋い慕いました。

 

そして、私のことばと私の宣敎とは、説得力のある知惠のことばによって行なわれたものではなく、御霊と御力の現われでした。それは、あなたがたの持つ信仰が、人間の知惠にささえられず、神の力にささえられるためでした.(第1コリント 2:45)

このように聖霊による真の悟りは罪の赦しの救いや主と共に信仰生活をするとき非常に重要です。

 

生まれながらの人間は、神の御霊に属することを受け入れません。それらは彼には愚かなことだからです。また、それを悟ることができません。なぜなら、御霊のことは御霊によってわきまえるものだからです。」(第1コリント 2:14)

 

上記の御言葉で肉による人、すなわち聖霊によって生まれ変わっていない人の特徴は「悟れない」ことです。真の信仰は真理や事実に対する正確な理解と悟りを通して得られます。私たちが何かを信じるときに信仰の対象を見ないで信じることはできますが、信仰の対象を知らないで、理解せずには信じることができません。漠然として曖昧な考えを信じて従うことは迷信であって真の信仰ではありません。神に対する真の信仰は、神の御言葉を聞いて聖霊によってその御言葉が意味することを正しく悟って、その御言葉を正確に信じることで始まります。

 

ところが、キリスト教徒の中に神の御言葉に対する正確な理解と悟りがなく、漠然と信仰生活をしている人が多いのです。本宣教会ではどなたでも神の恵みで御言葉を正確に悟り、正しく信じることができるように導いています。実際、御言葉に対する悟りがないまま宗教的な生き方をしていたのですが、本宣教会を通して確かな御言葉を聞いて悟り、罪の赦しを受けてから新しく信仰生活をする方が数多くいます。ある人は本宣教会が悟りだけを強調すると非難もしますが、これは、上記で話した本宣教会の立場を大きく誤解しています。

 

 

1-2 必ず生まれ変わった体験とその日がなければならない

「まことに、まことに、あなたに告げます。 人は、新しく生まれなければ、神の国を見ることはできません。」(ヨハネ 3:3)

 

ヨハネの福音書3章でイエス様はニコデモに新しく生まれなさいと言われました。新しく生まれるということは霊的出生のことで、世に生まれた日があります。誕生日が何日間もあるものではないように、新しく生まれるのも長期間にかけて徐々に経験していくものではないです。新しく生まれた日があります。それで、キリスト者であれば、いつどうやって生まれ変わったか確かな証があります。

ある人は「生まれたばかりの新生児がどうやって自分の誕生日がわかりますか? 親が誕生日を教えてくれる前にはわからないでしょう?」と言いながら自ら生まれ変わった日がわからないのが当然だと主張します。しかし、肉体の出生と霊的な出生は大きな差があります。肉体的に出生することは理性や知的能力が発達していない状態で生まれますが、罪の赦しを受けて新しく生まれることは 「栄光の父が、神を知るための知恵と啓示の御霊を、あなたがたに与えてくださいますように(エペソ 1:17)、「神の御子が来て、真実な方を知る理解力を私たちに与えてくださったことを知っています(第1ヨハネ 5:1920) などの御言葉で見られるように、神が知恵と啓示の精神と知覚を下さって分かるようにしてくださいました。神が分かるようにしてくださるのに、どうして分からないことが正しいでしょうか?

 

1テサロニケ15節でこの福音が心に臨むときに力と聖霊と大きな確信でできると言われたので、本人が分からない状態で生まれ変わるという主張は聖書と相反しています。

 

イエス・キリストの大きな恵みと永遠の命を得たことが、人生で一番大きくてすばらしいことだと信じるキリスト者であれば、自分のたましいが罪と滅亡から救われて尊くて栄光ある神の子として生まれ変わった日を忘れて生きるでしょうか? 姦淫の場で捕られた女が主にあって罪の赦しを受けた日、十字架の強盗が楽園を約束してもらったその日より、彼らの生涯の中で祝福された日があったでしょうか? ある人はヨハネの福音38節の「風はその思いのままに吹き、あなたはその音を聞くが、それがどこから来てどこへ行くかを 知らない。御霊によって生まれる者もみな、そのとおりです。」の御言葉を引用して、生まれ変わるのは本人が分からないと主張をしています。聖書をもう少しだけ読んでみれば、それはそう主張する自分たちが生まれ変わってないことと、聖書に関する無知を自ら証しているものであることがわかります。ヨハネの3章に出るニコデモは生まれ変わっていない人です。それで彼は「新しく生まれなければなりません」との主の言葉が理解できませんでした。そしてどうして、そのようなことがありうるのでしょう」と言いました。ニコデモはパリサイ派の宗教人としてイエス様が行った奇蹟も見て信じました。そしてイエス様が神から来られた先生であることも知っていました。しかし、イエス様は彼に「風はその思いのままに吹き、あなたはその音を聞くが、それがどこから来てどこへ行くかを知らない。」(ヨハネ3:8) と言われました。ところが、人々はこの聖句を誤解して正反対に「人は自分では生まれ変わったかどうか分からない」と真実を歪曲しています。本当に大きな過ちを犯していますイエス様は「新しく生まれることがどんな霊的経験を意味するのか分からないニコデモに「あなたがそれを知らない」と言われたのであって「聖霊によって生まれた人が分からない」とは言われませんでした。それで、ヨハネの福音書3:10で主は当然知るべきことを分からないニコデモに「あなたはイスラエルの教師でありながら、こういうことがわからないのですかと言われたではありませんか私たちが救われたかどうかは死んでみて分かるものではありません。神の御言葉の中にある証拠を通して知ることができます。また、必ず知る必要があります。

 

主イエスを知りたる うれしき この日や

いやしき 身をさえ すくわせ たまえり

きみに むつぶ この日ぞ うれしき 

うれしき この日や うれしき この日や 

きみに むつぶ この日や うれしき

 

上記の賛美歌の題名は、「うれしきこの日」で、第2コリント6:2に書いてある救われた日を根拠に作った歌詞だと書かれています使徒2:41にも初代教会は福音を聞いた人々のなかで13000人が弟子になったかどうかを正確に区別し、計算したではありませんかピリピ人への手紙4:3を見るとこの人たちは、いのちの書に名のしるされているという御言葉もあります。すなわち、パウロはどんな人々の名前が命の書に記録されているかを明らかにしています。ところが、どうやって自分のたましいが生まれ変わったかどうか、自分が天国に行くのか地獄に行くのか分からずに信仰生活をすることができるでしょうか。

ある人は本宣教会が救われた日時を正確に知っていれば生まれ変わったことに認めると偽の証言をしますが、もう一度申し上げますが、本宣教会は「イエス様を信じるならば必ず生まれ変わる恵みを受けるべきであり、本当に生まれ変わった事実があるべきだ。という聖書の真理を強調しているのであって、その日付と時刻自体を記憶するべきだと言っているのではありません。但し、キリスト教徒として新しく生まれた体験がないことやとんでもない体験を生まれ変わった体験として誤って認識している部分は聖書に基づいて必ず正すべきです。

 

2.真の悔い改めと告白が必要ですが、悔い改めの祈りで罪が赦されるのでは決してありません。

本宣教会では悔い改めを信仰生活で一番大事な部分の一つとしていますが、聖書的でない変質した悔い改めの祈りは改革しなければいけないと強調します。特に、本宣教会が「祈らない」との主張は事実無根なことで本宣教会に属したすべての教会で早天祈祷会、水曜祈祷会、徹夜祈祷会が公式礼拝目次で定めてあり、聖徒個人の祈りの生活も勧めていることを明らかにしながら、聖書に基づく悔い改めに関して調べてみたいと思います。

 

聖書で悔い改めは救いの必須の過程であり条件ですので、救われるためには必ず悔い改めが必要です。悔い改めは「悔いて改めるという意味で、ギリシャ原語で metanoiaで、「進んでいる道からユーターンする、心を直す」です。それで、真の悔い改めは自分の何が間違っているかを正確に発見することから始まります。私たちは神から離れて罪を犯したアダムの中から生まれたので、私たちの一部分の行いが間違ったのではなく、私たちの根本、本質、所属、道が初めから間違っていました。悔い改めはまず、その自覚がなければならないのです。その後、根本的に神から離れている自分を否定し、神に帰らなければならないのであって、問題はいくつかの過ちや行いを告白し許しを請うことが悔い改めであると誤解している人が多いということです。

 

『父のところには、パンのあり余っている雇い人が大ぜいいるではないか。それなのに、私はここで、飢え死にしそうだ。立って、父のところに行って、こう言おう。「お父さん。私は天に対して罪を犯し、またあなたの前に罪を犯しました。もう私は、あなたの子と呼ばれる資格はありません。雇い人のひとりにしてください。」』(ルカ151719

 

ルカの福音書15章にでてくる放蕩息子のたとえは、本当の悔い改めをよく説明しています。その次男は父を離れて自分の考えと欲望に従って遠い国に行きました。その結果は、放蕩と飢え、苦労、失敗、そして死の前まで来ました。父の目には次男が出て行ったとき、すでに「死」が見えたのですが、次男は飢え死にしそうになったとき、ようやくその心に死を悟ったのでした。そのとき、次男はどのように悔い改めたのでしょう。お金を湯水のように使いはたした後、真面目な人になったのでしょうか?いいえ、父を離れ自分を過信して生きた人生は結局悲惨なものであることを悟り、自分自身から立ち返って父のもとへと戻って行ったのです。そのように帰ることが本当の食い改めで、救いと新しく生まれることの必須条件なのです。

 

しかし、キリスト教徒たちの中の大多数が、自分を否定する心の変化なしに部分的な行いだけを直し、つくろうことだけに神経を集中させています。ですから、神を離れて死とのろいの下にいる自分のたましいの状態を発見し神の恵みとあわれみの前に出ていくのではなく、「罪は犯したが悔い改めたので許してくださるだろう。」と思って、悔い改めの祈りが逆に罪を犯した自分を自らなぐさめる盾となっている人が多いのです。そのような人は、心から悔い改めて罪から抜け出す恵みを受けるのではなく、心は罪の中に留まり良心と罪の呵責に悩まされて生きています。実際、罪や咎は、心が神から離れたことで現れる結果であり、その実です。そのために、罪を犯すまいと努力するよりもまず神のもとに帰り、神の心に出会い、受け入れなければなりません。その心が人の心に留まるとき、私たちが清い人生を歩むのです。

 

悔い改めの大きな問題は、多くの人が悔い改めを「罪を犯した後、神に赦しを求めることで罪が赦される」と考えていること、すなわち悔い改めの祈りをすれば、罪が清まると信じていることです。従って、多くのキリスト教徒が、罪を犯すと、自分が犯した罪を告白し赦しを求める悔い改めの祈りをしており、そのような祈りをしないと異端だという。

 

「肉のいのちは、血の中にあるからである。」(レビ 17:11)

「律法によれば、すべてのものは血によってきよめられる・・・血を注ぎ出すことがなければ、罪の赦しはないのです。」(ヘブ 9:22)

やぎと子牛との血によってではなく、ご自分の血によって、ただ一度、まことの聖所に入り、永遠の贖いを成し遂げられたのです。」(ヘブ 9:12)

「これは、私の契約の血です。罪を赦すために多くの人のために流されるものです。」(マタ 26:28)

「血を携えずに入るようなことはありません。自分のために、また民が知らずに犯した罪のためにささげるものです。」(ヘブ 9:7)

 

上の御言葉のように、私たちの全ての罪はどんな罪でも、イエス・キリストの贖いの血だけを信じる信仰によってのみ清められるのが真理なのですが、行いだけの悔い改めの祈りは、十字架の血だけを信じる信仰の代わりの方法になり、結局、キリストの血だけを信じることができなくしてしまいます。それで、多くのキリスト教徒たちが、罪を犯すと悔い改めのいのりをしようとだけして、イエス・キリストの血がどのように私たちのすべての罪を清めたのかをはっきりと知り信仰で完全な罪の赦しを受けられないようにしています。

 

「時が満ち、神の国は近くなった。悔い改めて福音を信じなさい。」(マルコ1:15)

『ペテロは彼らに答えた。「悔い改めなさい。そしてそれぞれ罪を赦していただくために、キリスト・イエスの名によってバプテスマを受けなさい。そうすれば、賜物として聖霊を受けるでしょう。」(使徒2:38)

 

イエスは、悔いあらためだけしなさいと言われたのではなく、悔い改めて福音を信じなさいと言われました。また、ペテロも悔い改めのバプテスマを受けて罪を赦してもらいなさいと言いました。 すなわち、悔い改めることと罪の赦しは別のものであることがわかります。そのために、悔い改めは罪の赦しを受ける前に罪から立ち返ることで、実際罪の赦しを受けるのは、福音、つまりイエス・キリストが私たちのすべての罪を赦したという事実を信じる信仰によるものです。それなのに、福音をしっかりと知り信じようとするよりも、悔い改めの祈りで罪を赦していただこうとする人がどれほど多いことでしょう!

 

本宣教会では、このように非聖書的で誤った悔い改めの祈りに問題があるとしているのであって、本質的で根本的な悔い改めをしなくていいと主張しているのではありません。むしろ、本当の意味での悔い改めの必要性を訴えています。それで、本宣教会は、どの教団よりも悔い改めを強調し、本当の悔い改めをしたことがあるのか確かめ、信仰相談をし、正しい信仰の道へ導いています。もちろん、新しく生まれた後にも悔い改めが必要です。しかし、その悔い改めは罪の赦しを受けて新しく生まれるために必ず最初に行うべきである根本的な悔い改めとは性格が異なるものです。

 

初めの悔い改めは、次男が自分の道を捨てて父のもとへと方向を変えたように、一回だけ行う悔い改めで、神を離れサタンが与えた心に従って罪人として生きた人が心を変え神の前に戻ることで、すべての罪を赦され神の子として新しく生まれるために必要な悔い改めだとしたら、その次の悔い改めは救われた神の子が罪を犯すことで神との交わりが切れた時、自分の罪を告白し悔い改めることで、再び神との交わりを取り戻すために必要な悔い改めです。

 

「もし、私たちが自分の罪を言い表すなら、神は真実で正しい方ですから、その罪を赦し、すべての悪から私たちをきよめてくださいます。」(Ⅰヨハ 1:9)

 

ヨハネの手紙第一を見ると、罪を言い表すことのできる資格を持つ人は、必ず神の子として新しく生まれた義人でなければなりません。すでに、完全な贖いを受けた義人には罪に対する赦しが残っておらず、もう裁きはありませんが、サタンの誘惑と弱い肉を持っているために罪を犯すことがあり、罪を犯すと神との交わりは途切れてしまいます。そのとき、聖霊は私の心の中で罪をとがめ立ち返らせるのですが、このときに罪を言い表す告白は、裁きから逃れる罪の赦しのためのものではなく、交わりの回復のためのものです。それで、ヨハネの手紙が書かれた目的も下の御言葉のように、罪に対する赦しではなく罪を犯さないようにさせようとするものです。

 

「私の子どもたち、私がこれらのことを書き送るのは、あなたがたが罪を犯さないようになるためです。」  (Ⅰヨハ 2:1)

 

明らかなことは、「やぎと子牛の血によってではなく、ご自分の血によって、ただ一度、まことの聖所に入り、永遠の贖いを成し遂げられたのです。(ヘブ 9:12)「これらのことが赦されるところでは、罪のためのささげ物はもはや無用です。」(ヘブ 10:18)の御言葉のように、私のすべての罪はキリストの血によってすでに永遠の贖いが成し遂げられたので、再び赦しを得るためのささげ物が必要ありません。しかし、私たちが救われた後にも罪を犯すことがあるのですが、この部分についてはもう少しわかりやすく段階別にご説明いたします。

神の前で裁きを受ける罪人であることを知る。

罪人の罪を悟り、あわれみを請い、悔い改める。

罪の赦しの福音を聞き、信じて、新しく生まれて聖徒となる。

聖徒が罪を犯すと、暗闇の中に入る。

聖徒が罪を言い表し、悔い改めることで神との関係を取り戻す。

 

上のの段階は、裁きを受ける罪人の段階で、は罪人が新しく生まれるための心の悔い改めの段階で、は新しく生まれた義人の段階では義人が罪を犯し神と交わりが切れた段階で、は義人の悔い改め、すなわち罪を言い表すことだ。の段階の悔い改めは一生にただ1度するもので、罪人の段階にありますが、の段階の悔い改めは、神と離れたときに悔い改めるもので義人だけが行う悔い改めの段階です。

 

はっきり知っておくべきことは、罪人が罪を犯すことと、義人が罪を犯すことには差があります。罪人がどんな罪を犯したかが問題なのではなく、罪人という位置が問題です。しかし、義人の犯罪は位置の問題ではなく、罪を犯したことによって神との交わりに問題がおきます。そのために、罪人は罪を犯した後、裁きを受ける自分の霊的状態を知り、一度でキリストの血によってそのすべての罪を完全に赦され、義人にならなくてはなりませんが、義人は罪を犯した後、その時ごとに罪を言い表すことで肉の考えと暗闇から抜け、神との交わりが回復するようにならなくてはなりません。

 

問題は、韓国の多くの教会員たちが、の段階の罪人の状態での段階の罪の言い表しを「悔い改め」と変質させ、繰り返し行っていることです。すなわち、罪人の位置で日々犯す罪を赦してもらうために、罪を言い表しながら祈っているのです。そのために、罪人の位置から抜け出せないまま、常に罪の赦しを求めますが、永遠の贖いを受けた義人の位置へは至りません。

 

結論として、今日、一般的に行われている悔い改めの祈りは、罪人が義人になるための祈りではなく、新しく生まれた義人が神との交わりをもつために行う罪の言い表しでもなく、聖書とは違う全くおかしなものであることに問題があります。

 

本宣教会では、そのように聖書に基づかず、混乱して変質した悔い改めの祈りについて問題視し、聖書に基づく悔い改めに導いているのであって、悔い改めは必要ないと主張しているのではありません。

 

3-1 罪人地獄き、いをければ義人になる。

じてめられ(ロマ1010

ですから、信仰によってめられたたちは(ロマ5:1)

 

御言葉のように、じることで、その信仰結果められるのだとわれます。ですから、じるといながら、そのらなかった場合、その信仰った信仰です。イエスをじるということは、単純にイエスがでありたちののために十字架につけられてなれた
だということだけをじることだけではありません。

べるとおがいっぱいになり、めばきがいやされるように、イエスがこのられた目的、すなわち、イエスのとよみがえりの意味をはっきりり、しい信仰つと、かられてるのです。その信仰ったが「われた」です。あるは、「義人はいない、ひとりもいない」(ロマ310)という御言葉引用し、義人はこのにいない、義人だという傲慢だ、と異端視するのですが、それは聖書がいう2つの区別ができないことからじる誤解です。

 

への手紙320~21や、103ると、2つの義人てきます。聖書には2種類義人があります。1つ目は、さなかった義人2つ目は、しましたがったことでとされた義人です。もちろん、さない義人は、イエスキリストお一人だけです。しかし、しをけた義人くいます。

 

「義人アベルのから」(マタ23:35)

「主は、義人がれ」(Ⅰぺテ312

「義人ロトをされました。というのは、この義人らのんでいましたが」(Ⅱぺテ2:78)

 

への手紙323512ると、はすべてのしたとわれため、この地球上さない一人もいません。それなのに、聖書義人存在するのは(聖書には50回義人てくる)したのですが、義人となるがあるということです。しかし、したのかさなかったのかによって、義人になったりならなかったりする1方法しからないため、したのにもわらず義人であるとうと、理解ができないのです。

 

聖書にはたちのいと関係なくみで義人となるがあります。
4るとアブラハムやダビデがらのいではして義人にはなれない
のですが、
らがどのようにとされたのかしく説明しています。
釜山からソウルまでくのにバスで1つしからないは、
飛行機
でバスよりくソウルにくということが理解できないでしょう。

 

聖書てくる数多くの義人、たとえばアブラハムやダビデやペテロのような
すばらしい
のしもべがさなかったためにとされたのでしょうか。
アブラハムの
やダビデのした罪、そしてペテロがイエスをのろい
いながらイエスを否認したことをっています。ところが、聖書はどのようにしてらを義人だとっているのでしょうか。
その
理由です。らは自分いでとなるではなく、みでとなるつけたためです。自分いとは関係のない永遠わらないたためです。

 

律法による自分ではなくて、キリストをじる信仰による、すなわち、信仰づいて、からえられるつことができる、という…」(ピリ39

 

それでは、聖書のある部分にとって、したのにもわらず義人になるについてロへの手紙32324てみましょう。

 

 すべてのは、したので、からの栄誉けることができず

 ただ、みにより、キリストイエスによるいのゆえに

 なしにめられるのです。

 

2324節全体きました。「すべての」という主語まるので、すべてのてはまる御言葉です。 部分ると、すべてのし、そののため、からの栄誉けることができませんでした。ところが、ると、すべてのめられています。どのように。したたちが、められるようになるのでしょうか。それは、にある②の過程があったからです。罪人しくきたからではなく、イエスが罪人義人にしてくださったためです。すなわち、すべてのが「キリストイエスによるいのゆえに、みにより」められたのです。

イエスキリストが、人間のすべてのめられたというみをけて、そのによってたちがきれいになり、義められたということです。もし、イエスキリストの十字架罪人を義とすることができなかったら、イエスの意味のないになり、十字架されたその意味のないになってしまいます。

くの部分抵抗なくれます。しかし、正確らないために部分されたれられないのです。

イエスのなさったことは完璧、イエスの血たちをとするのに十分です。
たちがそのによってとされた御言葉証明してくれています。

 

「神ばれたえるのはだれですか。めてくださるのです。

めようとするのはだれですか。んでくださった、いやよみがえられたであるキリストイエスが…」(ロマ 8:33~34)

 

への手紙やガラテヤへの手紙など、聖書のあちこちで、イエスキリストのによって、たちを「とする」とわれていますが、「いいえ、罪人です」とうなら、「義人ではありません。あなたが間違っています。」とっているのとじです。

 

また、義認という教義があるのですが、人間はありますが、めてくれただけで、義人ではないというものですが、ここにも誤解があります。は、罪人義人にしてからであるとわれるであって、実際には解決されていないのに、であるとわれるではありません。もし、があるのにたちをであるとするなら、しい裁判官になれません。それで、御言葉のように、この部分についてはっきりときました。

 

「…私悪者しいと宣告することはしない」( 23:7)

悪者しいとめ、しいいとする、このつを、
う」(17:15)

 

結論的に、罪人義人にしてから、であると宣告するということです。またあるは、「われた罪人」という言葉使うことがあるのですが、これは「からわれたが、れている」という矛盾した言葉になります。もちろん、たち人間いをけて義人になっても、肉体をもっているためすこともあります。だからといって、罪人ることはしてありません。

 

『天からこうげるこえた。「これは、する、わたしはこれを喜ぶ。』(マタ 3:17) 

『試みるづいてった
「あなたが
なら・・・」』(マタ 4:3)

 

イエスがであることをによって証明できるのでしょうか?でパンをり、病人すなどの奇跡えばでしょうか? いいえ。ただ、御言葉しかありません。はイエスにして、だとおっしゃいました。その御言葉だけが、イエスがであることのです。ところが、サタンはイエスにづいて「あなたがなら」といながら、条件えだまそうとしました。もちろん、それにだまされませんでしたが、もサタンはたちにも自分姿せながら義人であるという
信仰てないようにだましています。すなわち、
「あなたがもし
義人なら」といながら、「める」とわれた御言葉じられないようにしているのです。
そのために
御言葉だけをじるが、義人になれるのです。

 

3-2パウロが罪人のかしらだとったことについて

あるは、パウロも1テモテ115で、自分のことを罪人のかしらだとったのに、どうして傲慢にも自分のことを義人だとえるのかと、義人だというのは聖書的ではないと反論します。しかし、1テモテ113から16までよく調べてみると、それは第1テモテをした当時のパウロの実際生活について
しているのではないことがすぐわかります。
13
の「以前は…じていないときに…」という部分てください。そのときのパウロは罪人のかしらでした。

 

イエスはそのようなパウロをうためにこのられました。

そのような罪人でもみとあわれみをしてくださるをみつめ、「そのようなだったらがこんな罪人だとしても、れば、のようなにもみをくださる。」という信仰えたいためなのです。(1テモテ1:16) ところがある人は、パウロが「はその罪人のかしらです。」と現在形っているのに、過去のパウロの姿しているとえるのか?と異議をとなえます。
しかし、この
はすぐ文章とつながっているものです。

 

『「キリストイエスは罪人うためにこのられた」という
ことばは、まことであり、
そのまま受れるにするものです。
はその罪人のかしらです。
しかし、そのような
があわれみをけたのは、イエスキリストが、今後彼じて永遠のいのちをようとしている見本にしようと、まずしてこのない寛容してくださったからです。』
(Ⅰテモ 1:14~16)

 

かにパウロが罪人のかしらですとっています。ところが、それはパウロが罪人のかしらのような生活をしているというではありません。
その部分の「キリストイエスは罪人うためにこのられた」という御言葉注目してください。イエスは罪人うためにられたのですが、イエスがいにられたその罪人でパウロはかしらだということです。
すなわち、「
がその罪人のかしらです」という告白は、「イエスが罪人うためにられたが、そのおうとした罪人のかしらだ」という告白です。いかえれば、「わたしはその罪人のかしらです」という言葉は、そのすぐ部分説明した「罪人」にする補足説明です。実際、パウロはわれる使徒
912節、 26 912などでられるように、福音教会迫害するなることに先頭ってっていた張本人だったからです。

もし、この「罪人のかしら」を現在形るなら、テモテの手紙いた当時、パウロが罪人でもっともろしくなる生活をしていたというになります。
しかし、パウロがこの
手紙いた当時御言葉のようにきによってよりも
しい生活をしていました。

 

ですから、はきょうここで、あなたがたに宣言します。は、すべてのたちがけるさばきについて責任がありません。 は、のご全体を、すところなくあなたがたにらせておいたからです。(使徒20:2627)

はいつも、にもにもめられることのない良心つように、と最善くしています。 (使徒24:16)

しかしパウロは弁明して、「は、ユダヤ律法しても、しても、またカイザルにしても、してはおりません」とった。 (使徒25:8)

うことは、あなたばかりでなく、きょういているがみな、このとして、のようになってくださることです。 (使徒26:29)

にはやましいことはしもありませんが、 (Ⅰコリ 4:4)

 

ですから、パウロの告白単純にその11つだけして時制問題であれこれいう問題ではなく、前後文脈とつなげてパウロがわんとしていることに焦点わせて理解すべきです。
そのように
理解したとき、一番自然矛盾なく理解できるはずです。

 

現在学者たちのもはっきりと伝統清教徒神学いだというロバレイモンド博士、ナックス学校組織神学教授)は、パウロの自書伝式告白についてのようにっている。

「パウロは回心するのサウロとしての自分経験しているのだ。
動詞時制過去形ではなく現在形でも、自書伝的特性影響えない。現在形使われていても、これが成熟したキリスト使徒教師としてのパウロの経験ずしも
意味しているのではない。『歴史的な(または劇的な)現在形』は、ギリシャでよくられている時制用法で、著者読者過去事件経験をよりしく伝達しようとするとき使われる用法だ。( Dr. Robert L. Reymond 'A New Systematic Thelolgy of The Christian Faith' 1408p)

 

に、キリスト教歴史上偉大釈家のうち一人としてられているマテュヘンリもパウロの告白について
釈書のようにじようにしている。

 

「この節最後にパウロは自分についてべているが、はその罪人のかしらですとった。パウロは一流罪人だった。パウロは自分がそのような
人間であることをっていた。なぜなら、自分弟子たちにして危害
ちていたためだ(使徒 9:1、2)。迫害者たちは、罪人のうちでも罪人だ。パウロもそのような人間だった。
(Matthew Henry'Matthew Henry's Commentary' 1テモテ注解より)

 

このように現代福音主義まった国教会は、伝統福音主義関係なく、中世暗黒時代自分たちの体制維持だけに目的をおいた改革者たちを教裁判った
マカトリックと異端判定しているのです。しかし、はっきりとしておくべきことは、そのらをってくれるのではなく、結局自身めといのちへのをふさいでいるということです。

 

異端是非反論