グッドニュースサービス
インターネット礼拝
グッドニュース誌
グッドニュース新聞

朴玉洙牧師 ホームページ
福音組

[ソウル]パク・オクス牧師の聖書セミナー「あなたには何をしてあげようか」
by 最高管理者
2017-05-27 21:13:38 | HIT : 561 , ブックマークする ブックマークする
体中、石に打たれて苦しみの中で死ぬしかなかった女にイエス・キリストがおっしゃった御言葉、『わたしもあなたを罪に定めない』この御言葉は今回のセミナーに参加した多くのソウル市民の心に響き、罪の苦しみからその魂を救って、たくさんの喜びと感謝を与えた。

 『もう私も義人です』2017ソウル聖書セミナーの救いの証

今回の聖書セミナーには100人余りのサハリン残留韓国人とTV・ラジオ・新聞広告、各教会の路上伝道など、いろんな経路を通して参加した人が福音を聞いて救われる働きがたくさん起きた。
素晴らしい救いの働きは、一緒に心を尽くしてセミナーを準備したソウルの兄弟姉妹たちにはもちろん、聖書セミナーに初めて参加して救われた新しい兄弟姉妹の心にも主の精密な計画と大きい愛を刻んでたくさんの証を残した。



ユ・オクソン85歳、ソウル・ヤンチョン

『ヨンドゥンポ区庁の前で伝道をしていたある姉妹と知り合い、セミナーに参加しました。今までグッドニュース宣教会に対して良くない話を聞いていたので、セミナーに参加することを迷いましたが、パク・オクス牧師が伝える御言葉を聞いて、ここで伝えられている御言葉は、真の神様の御言葉であることを発見しました。80年くらい生きていて、犯した罪が多かったのに、イエス・キリストが私たちの罪を代わりに贖ったため、姦淫の場で捕らえられた女にも、私にも罪はないとおっしゃいました。もう、私も御国に行けます。』
(ユ・オクソン/ソウル・ヤンチョン)



イ・ボグム、パンギョ


『御言葉に従うことで神の愛を感じるようになりました。疑わずに受け入れることが信仰であると分かりました。以前、教会に何回か行ったことがありますが、御言葉を疑い、救われたか分からなかったですけど、今日、信仰相談をしているうちに「御言葉に従って信じることが信仰の基本である。それなら、もう私は義人になったのだ」と思いました。
自分の思いを捨てたら疑問が解けました。イエス・キリストの愛を求めながらも、自分の思いを信じてその愛を拒否していました。そのまま受け入れると自然にできるのに』(イ・ボグム、パンギョ)

19~20日 グッドニュースカンナム教会で続けられる聖書セミナー

5月15日(月)チャムシル室内体育館で始まった『2017上半期聖書セミナー』が19日(金)からはグッドニュースカンナム教会に場所を変えて続けられた。
チャムシル室内体育館とは違う雰囲気の中、讃美歌と福音の御言葉が広がった。






パク・オクス牧師は第二列王記6章の御言葉を伝えた。救われた後、神様がいつも助けてくれて守り、難しい問題に会うたびに、一度も助けなかったことがないことをたくさんの証を通して話した。また、第二列王記に出る預言者のともがらの妻、将軍ナアマン、シュネムの女など、問題があったけど、神様の人によって問題が解決されたことを話した。
『どんな難しい問題でも、相談することのできる神様の人たちがいて、「あなたには何をしてあげようか」とおっしゃる神様の御声がとても暖かいのです』

パク・オクス牧師は御言葉を伝えているとき、「私には知らないこと」讃美歌を歌った。神様から貰った愛とそれに対する感謝が歌に込められ、参加者の心に深い感動を与えた。






無期懲役の刑により刑務所で過ごしている、ある囚人はパク・オクス牧師が書いた「罪の赦し生まれ変わる秘密」という本を通して救われた話を伝えた。この囚人は救われた以後、心が変わり他の囚人たちに福音を伝えて、彼らが救われる働きが起きた。刑務所から出たら彼は60歳くらいになりますが、神様による希望が心にあると伝えた。






『罪から救われると誰でも神様と一つになります。聖書では神様の心を発見してその心と一つになると、どんな問題でも神様の中で何の問題にもなりません』

神様は救われた人たちを必ず助けて変化させる説教を最後まで力強く伝えた。




「2017上半期パク・オクス牧師の聖書セミナー」は後半を迎えた。最後の日である20日(土)にも午前10時半と夜7時半、2回のセミナーが行われる。
最後まで神様の働きが起きることが楽しみだ。

 
Tags 聖書セミナー,牧師,集会