グッドニュースサービス
インターネット礼拝
グッドニュース誌
グッドニュース新聞

朴玉洙牧師 ホームページ
福音組

[香港] いっぱいに満たされた油の世界を味わった中国教役者の集い
by 管理者3
2017-06-02 10:20:46 | HIT : 600 , ブックマークする ブックマークする
5月8日から13日までの6日間、香港YMCAで春季教役者の集いがあった。本来この集いは深圳地域の教役者の集いとして予定されていたが、作年9月の全国教役者の集いを通して多くの教役者が変わったことを鑑み、もう一度全国教役者の集いを持つことになった。5月は韓国教会が忙しい時期であるため韓国の講師を招くことが難しい状況であったが、主の恵みによってパク・オクス牧師をはじめとした16人の韓国講師を招待した。一つの場に集まった教役者たちが御言葉を聞き、教会が送ったしもべと心を交わして幸せな時間を送った。



夜にはグループ交わりを通して苦しい心を打ち明け、新しい心を受けた。

キム・ゼホン牧師は行いと信仰に対して具体的に解き明かし、行いとは関係ない約束の世界に対する御言葉を伝えた。自分の世界の中にいるときは自身の願いで熱心に行ってみても、結局は困難の中に陥る信仰生活を繰り返すことになる。しかし、自分が死んだ者であることを発見して主の世界に入ると、主の願いが主の熱心を呼び、終には主が成就するようになる。参加者たちは律法の行いのもとでうまくしようとすることを捨て、恵みの中に入るとき主が働く世界に関する御言葉を聞き、自身の間違った信仰を見直し、御言葉の前に心を立ち返らせた。

11日の夜に到着したパク・オクス牧師は、列王紀下4章の「預言者のともがらの妻」に関する話を中心に御言葉を伝えた。ともがらの妻が自分の考えとは合わない御言葉の前で心を折り、信じる心で受け入れた結果、いっぱいに満たされた油の世界を味わうことができた。私たちも自分の目で見れば軟弱で信仰がなく思えるが、御言葉に照らし合わせてみるとすでに全うされており、信仰の中に入っている。御言葉の働きは心を折ることから始まることを強調し、参加者たちにすでに満たされた油の世界を見せて信仰を植えた。

私たちが神の心とつながっているならば、自分の姿とは関係なく神の尊さが自分の尊さとなり、神の能力が自分の能力になる。間違った観念にとらわれている私たちの心を指摘し、観念を変え、御言葉と出会ったとき待っている幸せな生き方について伝えた。







 



イエス様が私たちの罪と軟弱さのために十字架につけられたことを知り感謝した。






これだけでなく、今回の集いで、16人の牧師と9人の長老が按手を受けて多くの福音の働き手が起こり、教会の大きな喜びとなった。私たちの目で見るときは軟弱に見えるが、自分とは関係なく御言葉の中ですでに全うされている姿を見て感謝した。





   
 「今回の教役者の集いで列王紀下4章のともがらの妻に関する御言葉を聞きました。ともがらの妻は自分の方法で生きてきたけれど、エリシャ預言者の助けを受けて神様の方法で祝福を得ました。先生は自分中心の教役と神様が中心の教役は全く違うとおっしゃいました。私たちの心が神様とつながった時、神様の能力が現れます。信仰はすでに成し遂げられた世界であるため簡単です。イエス様が弟子たち向こう岸に渡って行こうとおっしゃった時、状況ではありえない話でした。しかし向こう岸に渡って行こうとおっしゃったのは、すでに恵みの中でイエス様が私たちを導いていることでした。牧師が中国は宣教の中心になるとおっしゃいましたが、これは私たちが一生懸命努力しなければならないのではなく、神様がそのようにしてくださると信じます。神様が私たちを通して働かれて、異邦人の光とされたことに感謝します。」(教役者の集い参加者 ジャン・ジエン)

「列王紀下4章の御言葉を通して、私たちの心を御言葉とつなげることについて聞きました。どのような環境や問題に出会っても御言葉とつながっているとき、問題が解決され整理されます。シム・ホンソプ兄弟がみ言葉とつながった時、お酒をやめることができて全うされました。以前は心を自分の考えと繋げていたけれど、御言葉と繋がらなければならないことを悟りました。そうすれば信仰は必ず簡単になります。」(教役者の集い参加者 グォグォ・ルイ)

 
Tags 集会、海外ニュース