グッドニュースサービス
インターネット礼拝
グッドニュース誌
グッドニュース新聞

朴玉洙牧師 ホームページ
福音組

[ニュージーランド]パク・オクス牧師聖書セミナー『ボカケイビティアオテアロア』のラジオ局のインタビュー
by 最高管理者
2017-07-11 09:36:51 | HIT : 639 , ブックマークする ブックマークする

ニュージーランドの聖書セミナー初日、

パク・オクス一行はパシフィック・メディア・ネットワーク(Pacific Media Network、以下PMN)」のラジオ局を訪問し、インタビューに応じながら放送を通して福音を伝え、グッドニュース宣教会の活動を知らせました。

 

そして二日目の9日午後には『ボカ・ケイ・ビティ・アオテアロア(Voqa Kei Viti Aotearoa、以下VKVA)』というラジオ局が直接パク・オクス牧師の宿泊施設を訪れ、インタビューを行いました。 VKVAはフィジー島をはじめとする南太平洋の島国の人々が聴取しているニュージーランドのラジオ局です。この放送局もPMNと同様に、前回の南太平洋祭りを通し、交流が始まりました。ニュージーランドの聖書セミナーにフィジーの人々を招待するためにフィジーのシンギウォン宣教師がこの祭りを訪れ、その影響でフィジーのラジオ局の関係者と繋がりました。以来、その放送局が流すラジオ番組に出演してセミナーニュースを詳細に知らせることができました。

 

  VKVAアメリアナ代表(中央)

 

この日の午後は、VKVAアメリアナ(Ameliana)代表が直接パク・オクス牧師の宿泊施設に訪ねてきてインタビューを行いました。

 

 

 

パク・オクス牧師は代表と挨拶を交わした後、セミナーに関することから会話を始めました。

代表は、自分がフィジー出身だと言いました。パク・オクス牧師がフィジーに訪れたことがあることを代表はすでに知っており、フィジーの首相と面談したことも知っているとおっしゃいました。また、フランク・バイニマラマ首相が自分のいとこだと言いました。

パク・オクス牧師は「そう言われてみれば、顔が首相と似ているようだ」と言いました。

 

しばらく会話を続けた後、パク・オクス牧師は、自分の少年時代について話しました。日本植民地時代と韓国戦争を経て、本当に困難で大変な幼年期を送り、お腹がすいて、罪を犯したことを言いわれました。罪悪感に浸っていた196219歳のとき、聖書にあるイエスの心を発見したと述べました。

 

 

「聖書には、私の罪が洗い流されたと記録されています。イエスが私の罪を覚えていないと書かれています。神が私を義としました。信じられませんでした。私が義だと?いいえ、私は罪人です。私は罪をたくさん犯しました。他人の家の小麦を盗んだり、勝手にジャガイモを掘り出したり、ピーナッツをたくさん盗みました。私は地獄に行かなければなりません。しかし神は言いました。「君は義である」 「君は神聖なものだ」

「誰が神に勝つことが出来ますか?その言葉を私は折ろうとしますが折ることができません。特にローマ32324節を見れば、『すなわち、すべての人は罪を犯したため、神の栄光を受けられなくなっており、彼らは、価なしに、神の恵みにより、キリスト・イエスによるあがないによって義とされるのである。』、その文が歌のようでした。Being justified freely by his graceGod said to meYou're righteous心が熱くなりました」

 

続いて第一コリント610節、11節を読み、代表も一緒に読んでみるよう勧めました。

あまりにも正確で明確な聖書の御言葉から神の声を読んだ代表は、やや低い声で「アーメン」と言われました。パク・オクス牧師は罪の赦しを受けた後、心からの感謝の気持ちで歌った賛美をその場で歌いました。

「涙も恵みに報い難し この身をささぐる他にはあらじ」

以来、自身の体を神に捧げることを決心し、主が彼の体を受け、いつの間にか牧師になっている自分を発見したと述べました。

 

   

 

ローマ32324節を改めて読んで、これは判決文の形式と言われました。罪を犯し罪を償うしかなかったが、イエスのあがないによって、神は罪がないという判決を下されたことを話しました。

そして、この御言葉により、多くの人々が罪から救われて、新しい生活を送っていることを伝えました。神が導いて世界の指導者たちに会い、世界中に福音を伝えていることを話しました。続いてヘブル10章を読み上げながら、聖書に明確に記録された罪の赦しの御言葉を確認し、代表は再び「アーメン」と述べられました。パク・オクス牧師が「あなたは義ですか」と質問すると代表は「そうだ」と答えました。

 

   

 

代表はパク・オクス牧師に「全世界にあなたのような牧師が多く必要だ、牧師にお会いすることができて光栄だ」と述べられました。また、今日の説教は、録画され、今回の週をはじめとし継続的に放送すると述べられました。

 
Tags 聖書,セミナー,ラジオ局,インタビュー,ニュージーランド,牧師