youtube live

CLF

朴玉洙牧師 ホームページ
福音組


Deprecated: preg_replace(): The /e modifier is deprecated, use preg_replace_callback instead in /home/users/1/skmotojp/web/goodnews_or_jp/jp/bbs/view.php on line 122
[韓国] [平昌] ”福音だけのために生きましょう!” グッドニュース宣教会全国長老会合
by GNM
2019-10-12 22:42:26 | HIT : 203 , ブックマークする ブックマークする
「私たちは信仰がないのではなく、信じていないだけです。今、信じれば良いのです。」

「神様が私に働かれない理由は何もないという信仰が芽生えました。」



2019年10月11,12日の二日間、ピョンチャン・アイウォンリゾートで、グッドニュース宣教会全国長老夫妻180人余りが集まって会合を開いた。全国長老夫妻会合は、昨年10月、チェジュ道で初めて開催されてから2回目だ。



2019、グッドニュース宣教会全国長老たちが集まった場所で記念撮影

福音が世界に向けて力強く広がっている今頃、長老たちが国内の教会をもっと守らないといけないので、今回の会合はより意味が大きく、真剣な雰囲気の中で行われた。

初日は午後5時から始まる予定だったが、3時頃、先に着いた長老たちが集まると、朴玉洙牧師は予定より早くみことばを伝え始めた。こうして始まった会合は、久々に全国の長老たちが集まった大切な時間だったため、食事の時間も最小限にし、時間を節約するなど、充実した取り組みの中で行われた。



全国長老夫妻にみことばを伝えている朴玉洙牧師。「私たちが信じればすべて成し遂げられるように、主が用意しておきました。」


朴玉洙牧師は、イエスの中には救いと義だけじゃなく、知恵と能力も一緒にあると言った。そして私たちの思いを脱ぎ捨て、信仰で大胆に進めば、必ず神が働かれることを述べた。

「神様は私たちの内でとても驚くべきことをなさっています。そのため、私たちが足を踏み出すだけで働いてくださいます。私たちは信仰がないのではなく、信じていないだけです。今、信じてください。信じればすべてが上手くいくように用意しておきました。正確に信仰の世界に移らなければなりません。

私たちには信仰の世界に入ることが嫌でためらう心があります。しかし、信仰で生きることは何百倍も祝福な人生です。今の生き方をやめて、みなさんの人生をすべてささげて、福音だけのために生きてみてください。しかし信仰で生きようとすると負担があります。それでも私たちが信じて足を踏み出せば、主は必ず働かれます。これからは自分の人生を神様にささげ、神様だけのために生きましょう。」



みことばを伝えている朴玉洙牧師。「信仰で生きることが何百倍も祝福な人生です。」


参加した多くの長老夫妻は、順番に発表をしながら神から授かった使命の前に止まることが悪だということを悟り、福音だけのために自分をささげることを心に決めた。

今回の集いを通じて、主は先頭に立って教会に仕えるべき長老たちの心を新しい世界へ導いてくださった。



発表中のパク・ムンテク長老


「オタマジャクシは、先に後ろ足が出てから前足が出てカエルになるが、それは神様がそうなるようにしておられたからです。オタマジャクシが頑張ったからではありません。それと同様に、私たちは自分の覚悟や努力ではなく、神様がすでに揃えておいた世界の中にいるということを学びました。」(グッドニュース・カンナム教会のパク・ムンテク長老)



リオモンタニャ賛美公演


「周りに福音のために生きている人はたくさんいるけど、朴牧師先生みたいに、福音だけのために生きるのは大変だという考えを常に持っていました。

しかし今回のみことばを聞いて、救われた時、私に入ってきたイエス様のDNAは、福音だけのために生きる能力が十分にあるので、牧師先生と一緒に福音だけのために生きるよう、私の人生を導いてくださるという確かな信仰が生まれました。」(グッドニュース・カンナム教会のイ・スンホ長老)



みことばを伝えている朴玉洙牧師。「自分の人生をすべてささげて、福音だけのために生きてみてください。」


「ここに来る前は多くの心配と悩み、そして自分の弱さと足りなさに縛られていましたが、牧師先生の話を聞いて、神様が私に働かれない理由はどこにもないという信仰が芽生えました。」(グッドニュース・タムヤン教会のユ・マンボク長老)



江原道地域の連合合唱団の公演


「今までは、私たちが信仰で生きていないことが教会を敵対していることだということを知りませんでした。全世界の牧師たちがCLFを通じてこの福音と共にいている今、福音を伝えることが私たちの使命であるのにもかかわらず、後ろに下がっていたのがどれほど悪だったかがわかりました。

すでに神様は私たちにすべてを与えておられるので、それをひとつずつ発見していくことが信仰であり、長老の役目だということを知りました。長老であれば福音のためには戦ったり、線を引くべきですが、今回のみことばで、私たちの心に確かな線を引いてくださったことに感謝します。」(グッドニュース・ハンバッ教会のチェ・ヨンソン長老)



宣教会と福音のためのお祈り会


みことばとグループ別の発表後、宣教会と福音のためのお祈り会をした。


神が全世界に力強く働く今、全国の長老たちにも同じように働くという約束が与えられた。長老たちを筆頭に、全国の聖徒たちが立ち上がって福音に向って駆けつける時、神が約束した能力を思う存分広げて見せてくださることを期待する。