グッドニュースサービス
インターネット礼拝

[証し]私は70歳で牧師を引退した者です
by tulip
2013-05-14 23:45:49 | HIT : 2,323 , ブックマークする ブックマークする




私は、38歳で長老教会の牧師になり、70歳まで牧師をし引退をした者です。
集会の前、パク先生の書かれた本を偶然借りて、読みながらとても深い感銘を受けました。本を貸してくれた方の勧めで今回のソウル聖書セミナーに1週間参加しました。

5月1日、パク先生はイザヤ書の53章6節の御言葉を伝えました。
「私たちは、羊のようにさまよい、おのおの自分勝手な道に向かって行った。しかし、主は私たちのすべての咎を彼に負わせた。」

牧師だった私にとって、これは知らない聖句ではありませんでしたが、それが初めて見た聖句のように心に響きました。

「主は、私たちすべての咎を彼に負わせた、あぁ、私は本当に重要なことに気がつかなかった。人間の力ではどうすることもできないから、神はすべての咎をイエス様に負わせたんだ!」

今まで、「罪をお許しください、私の罪を清めてください」そう毎日祈ってきましたが、そうではなかったのです。

イザヤ53章5節で「彼は、私たちのそむきの罪のために刺し通され、私たちの咎のために砕かれた。その打ち傷によって私たちはいやされた。」主が、私の罪をこのように背負われたのです。私にはできないから代わりに背負われたのでした。

牧師として、たくさんの説教をし、聖書も知っていますが、新しく聖書の御言葉が見え、神が私を愛されてこの一人子を下さり、救ってくださいました。早く家に帰って聖書が読みたくなりました。


「今まで私がしてきた牧師生活は空しく何の価値もないものだった。」と気づき、今回の聖書セミナーで私は新しく生まれ、救われました。


ある料理店に行き、おいしかったら誰に言われなくても、ただおいしかったとこの口で伝えるように、私もこの人生を終える日まで、このすばらしい福音を伝えて生きて行きたいです。

イ・サンイル(ソウル市在住、73歳)