グッドニュース 国内・外のグッドニュース宣教会のすべてのニュースを見ることができます。

[九州]木の根が下に向かうように

投稿者
goodnews
投稿日
2017-05-02 10:57
閲覧数
168
5月1日、青くて暖かい空の下で九州の集会が始まりました。
ピョンテクから来た大学生たちが準備したアフリカのアカペラは、参加した人々の心をアフリカに連れて行ってくれました。

 

講師であるキム・ソンフン牧師先生は、どうしたら私たちが神様と一つの心を持てるのか、それがどれぐらい祝福になるのかのタイトルで御言葉を伝えました。

 

"木には見える部分と見えない部分があります。見える部分にある実が重要ではなく、目に見えない根が重要です。

人にも見える部分があり、見えない部分があります。目に見える姿より見えない心が重要です。

木の根が下に向かわず空に向かって行くと木は死にます。人の心が低くならないと滅びます。"

 



1036871842_3e9acf66_2.jpg

 


 

ルカの福音書15章に出てくる次男は、お父さんより自分がもっとうまくできると思って自分が主人になりたくて、お父さんから離れて遠い国に行きましたが、結局他の主人の下で働きました。すごく悪な主人の下で何ももらえずに働きました。

次男がお父さんの所に戻ったとき、お父さんがすべて働きました。口づけも、良い着物も、靴も、指輪も…全部お父さんが働きました。

 

お父さんは息子に財産だけを与えるのではなく、お父さんの心を与えたいと思いました。

キム・ソンフン牧師先生は人の心に高慢な心が入ったら、人の心がどのように流れるのかを、またお父さんのことを思い出してお父さんの所に戻ったら、どのような世界が開かれるのかを詳しく伝えてくださいました。

 

今回の集会を通して神様の心を与えて私たちの心に満たしてくださるのを思うと感謝します。


[この掲示文は 最高管理者様により 2017-05-08 11:07:11 宣教会の主なニュースから 移動 されました。] [この掲示文は 最高管理者様により 2017-05-08 11:08:45 宣教会の主なニュース-bから 移動 されました。]