グッドニュース 国内・外のグッドニュース宣教会のすべてのニュースを見ることができます。

[香港]‘第3回アジアCLF in香港’開幕

投稿者
goodnews
投稿日
2019-10-19 12:02
閲覧数
325

[香港]‘第3回アジアCLF in香港'開幕

アジアのキリスト教徒たちの盛大な祭り‘アジアCLF'が第3回目を迎え、香港で開かれた。2017年第1回アジアCLF(キリスト教指導者の会)が香港で開かれたのに続き、2回目はチェジュで、そして再び香港で3回目を迎えた。行事は10月7日から11日まで、5日間の日程で行われる予定だ。

1783104960_cbb89d78_34379_240223_1041.jpg

第3回、アジアCLFが開かれる香港YMCAキャンプ場の大ホール

 

10月7日、行事が行われるYMCAキャンプ場に、朝からアジア全域から集まった参加者たちの姿が見えた。今回のキャンプはいつにも増して、多様な国家の参加者たちが参加した。韓国、香港、日本、インド、ベトナムなどのアジア諸国のほか、ドイツやタンザニアなど、非アジア圏のキリスト教指導者たちも参加した。参加した人数は約1千人ほどだ。

1783104960_ef292d17_34379_240225_1053.jpg

CLF主講師である朴玉洙牧師を歓迎するCLF参加者たち

 

7日夕方7時、アジアCLF(ASIA CONFERENCE IN HONGKONG)がその盛大な幕を上げた。行事開始に先立ち会場に着いた朴玉洙牧師を、参加者たちが歓迎した。 

1783104960_b6e4d093_34379_241324_43.jpg

香港CLFでメッセージを伝えるCLFアジア総括担当のキム・ジェホン牧師

1783104960_1b2c698b_34379_240229_112.jpg

中国文化ダンス '聖世紅子'

1783104960_ebf02320_34379_240231_116.jpg

CLF総裁のパク・ヨングク牧師の映像メッセージ

 

CLF広報映像の視聴や中国文化ダンスの公演に続き、CLF関係者たちの歓迎の挨拶が相次いだ。特に、CLF総裁のパク・ヨングク牧師は映像メッセージで、「私たちがすることは、ただ神様と心をつなぐことです。心を開き、神様のみことばと結びつけると、サソリに刺されて死んでいく青年を救ったように、神様の能力が臨みます」と伝えた。

1783104960_09bc5a1f_34379_240233_1110.jpg

キムギソン牧師の証を基に作ったミュージカル

1783104960_5230f678_34379_240235_1114.jpg

キムギソン牧師の証の映像

 

グッドニュース・ブチョン教会のキム・ギソン牧師は、自分の証を基に作ったミュージカルの公演後、純粋な福音を守ってきた教会と神のしもべに対する感謝の気持ちを映像で伝えた。

1783104960_6063102b_34379_240409_4029.jpg

CLF主講師の朴玉洙牧師

 

CLFの主講師である朴玉洙牧師は、ビール工場から家までパイプをつないで飲むほど、ビールが大好きだったあるドイツ青年の話をしながら「神様の心と結びつけること」をテーマにみことばを伝えた。

「聖書の中には正確な神様の御心があります。聖書のみことばに人間の考えを少しも加えず純粋に受け入れれば、卵子と精子が出会うと細胞分裂を起して赤ちゃんが生まれるように、皆さんの心も神様の心に出会えば、変わらない人はひとりもいません。人の心に確かな神様のみことばが入れば、そのまま留まってはいられなくなります。神様と皆さんの心が繋がれば、驚くべき奇跡が起こります。

38年にもなった病人は到底、歩けませんでした。ところで、イエスは‘起きて、床を取り上げて歩きなさい’と言いました。病人とイエスの考えは全然違いますが、病人の考えとイエス様の考えをどうすれば一緒にできるでしょうか。」

1783104960_c3154b05_34379_240243_1911.jpg

「‘地は茫漠として何もなかった。やみが大水の上にあり、神の霊が水の上を動いていた。神は仰せられた。“光があれ。”すると光があった。’皆さんの心が茫漠で何もない状態でも、神様のみことばが心に入れば、闇が、茫漠が退きます。私はガンに冒されたある兄弟に言いました。‘38年にもなった病人、目の不自由な人、ハンセン病患者、死んだラザロなど、イエスは一度も病人を見て見過ごすことなく治してくださった。今、君の目には見えないが、イエス様はここにいる。そしてイエス様はあなたの病気を治すことを願っている。’祈って求めるものは何でも、すでに受けたと信じなさいというみことばとおり、祈って求め、そのまま信じれば良いのです。とても簡単です。私のお腹を治してください。そして治ったと信じるのです。」

1783104960_84dccd16_34379_240245_1916.jpg

「イエスのみことばは私たちの考えと合わないようになっています。サタンは私たちの考えを、イエス様とは違うものにしておきました。根本的に、イエス様とは違います。信仰は熱心にするものではなく、心を共にしなければなりません。私は聖書を数え切れないほど読みながら、神様の心を一つ一つ見つけました。イエス様と考えが異なる時、自分の考えを捨ててイエス様の考えを受け入れれば、イエス様の働きが見えます。CLFを通じて、14万人もの牧師たちが福音を聞いて救われました。皆さんの心にイエスのみことばが入れば、変わらない人はひとりもいません。」 

1783104960_3cfb953d_34379_240237_1119.jpg

「今は、私たちの考えがどうであれ、神様のみことばを信じましょう。皆さんが神様の御心を受け止めれば神様とひとつになります。イエス様が能力を行えば皆さんも能力を行い、悪魔に勝てば皆さんも悪魔に勝ちます。神様の目的はひとつだけです。それは皆さんをイエスと同じにすることです。イエスの心は神様の御心で、人間の肉体を持っておられましたが、私たちが人間であっても神様の御心を受け止めれば、順序は違ってもイエス様と同じになります。‘だれでもキリストのうちにあるなら、その人は新しく造られた者で’というみことばのように、 罪の赦しを得てイエス様と同じ心になれば、もはや以前のようにはできません。」

-朴玉洙牧師の説教

<出席者インタビュー>

1783104960_4f26659a_34379_240239_1124.jpg

「こんにちは。今回来られてとても嬉しいです。いつも来てみたいと思っていました。CLFのメイン講師であるパク・オクス牧師と、他の牧師の方たちもいらっしゃると聞いたので、さらに来たいと思いました。とても感謝しています。牧師先生がマルコの福音書11章24節のみことば‘祈って求めるものは何でも、すでに受けたと信じなさい'を伝えました。牧師先生が何年か前に、詩篇のみことばを約束されたということを伝えましたが、私はそのみことばを聞きながら、自分の考えも一緒に受け入れていました。当時、私の姿は、信仰もなくとても軟弱でした。しかし、今回のみことばで、イエスの御霊が私たちの中におられて働かれると聞いて、心に新たな力が生まれました。感謝します。」-サンス

1783104960_64f3760a_34379_240238_1121.jpg

「昨年から指導牧師が、CLFに参加するように言いましたが、時間の余裕がなくて来ませんでした。私は、福音を聞いて救われたことで満足していました。その後、私の心は救われた段階に留まってしまい、心にみことばがないことで空しくなりました。教会の仕事に参加し、福音を聞くだけがすべてではなく、みことばを聞いてこそ、霊的な世界を広げることができることを知りました。CLFの集いに何度か参加しましたが、毎回発展がありました。今回のCLFは牧師先生から導かれし者たちまで新しい方々で、私にさらなる発展をもたらすと信じています」 - ユオギ

「初めて香港に来てCLFに参加できてとても嬉しく思いました。この行事は私たちベトナムにとても有益だと思います。行事が終わって帰ると、ベトナムでこのような行事をより多く行なわれることを願います。この行事を通じてベトナムでもたくさんの人が救われるでしょう。

そして、ここに来てたくさんのもてなしを受けてとても感動しました。パク・オクス牧師のみことばを聞いて感謝だったことは、神様と結びつけるように、教会や兄弟姉妹たちと心を繋がれば、大きなことができるということです。ひとりでは何もできませんが、イエス様と繋がれば救いを受けられます。」-オンエンバンドク

アジアのキリスト教指導者らの期待と希望の中で、第3回アジアCLFが盛大に幕を上げた。5日間の日程を通じて、アジアのキリスト教指導者たちの心にみことばが立たされ、そのみことばが彼らを自由にし、福音に向けた神の志の中で喜びと幸せを享受するようになるだろう。