グッドニュース 国内・外のグッドニュース宣教会のすべてのニュースを見ることができます。

「アメリカ」CTNは牧師をここにお招きするのを光栄に思います!

投稿者
goodnews2
投稿日
2020-11-27 20:30
閲覧数
377
CTNパク・オクス牧師のビデオインタビュー

 

キリスト教テレビ局CTN(クリスチャン・テレビジョン・ネットワーク)を代表して、米国は、グッドニュース宣教会の創設者であるパク・オクス牧師に注目した。
11月18日午前8時(韓国時間18日午後10時)、米国フロリダ州のCTN本部で、パク・オクス牧師とのインタビューの録音が収録された。


18日午前8時(現地時間)、CTNでパク・オクス牧師にビデオインタビューを行った。江南教会にて。


 


CTNの「Its Time with Herman & Sharron」は、キリスト教ケーブルラジオ番組のトップ10に入る権威ある番組で、番組優秀賞「エンジェル賞」を何度も受賞している。

この日は、『私はどのように罪から逃れたか』の著者で、グッドニュース宣教会の創設者であるパク・オクス牧師とのインタビューがCTNで行われた。パク・オクス牧師は通訳のパク・ファンユアン牧師とともに、江南教会に出席した。

40周年を迎えたCTNは、史上初めての外国人ゲストを迎えての放送に「コロナは多くの困難をもたらしたが、想像もできない素晴らしい機会が与えられ満足している」と言う。

 


和気あいあいの雰囲気の中で、インタビューが始まった。



 

パク牧師と司会者ハーマンは挨拶を交わし、パク牧師は「朝鮮戦争中、多くの米軍が韓国のために戦ってくれて、米国を非常に尊敬している。CTNで放送するようになって感謝している」と述べた。

ハーマン氏は番組を録画する前にパク牧師に祈りを願った。パク牧師は「神とともに、イエス・キリストとともに歩んでくださった人々に感謝し、CTN放送を通して福音を耳にし、人間の考えではなくイエスに導かれ、神に喜ばれる子供となり、多くの人がイエスを聞いてくださるように」と祈った。ハーマン氏は祈りの中で「アーメン」と叫んだ。

 


司会者ハーマン(左)氏は、パク・オクス牧師の証と福音の説教を賞賛した。

 

番組史上初の特別インタビュー。氏はパク牧師を「韓国のビリー・グラハム」と紹介し、「初めてテレビで牧師を見たとき、私は白髪の牧師に魅了され、韓国語の翻訳でどの国でも自由に福音を説いたことに驚きました」「この人達が牧師のスピーチを聞くために集まった方法を知りたい」と語った。




ハーマン氏は「特にパク牧師の著書のタイトルが目を引いた。私は1958年に救い主としてイエスを受け入れたが、その後、私は罪から解放される方法を考え続け、パク牧師の本を読んで正しく理解できました」と語り、パク牧師の本を最初から最後まで読み、もう一度読みたくて後ろから読んだと、この本を書いた際の心と、神の祝福を受けた大きな福音の歴史について尋ねた。



ク牧師は、1962年が大きな節目で、神は神以外の何もできないようにされたと語った。子どもの頃に母を亡くし、戦争を経験し、どう生きればよいのか分からず、ぼんやりとした環境の中で幸せだったことがなかったと厳しい時代を語り、飢えて食べ物を盗み、罪の呵責に苦しんでいたとき、聖書を読んで神の心を発見し、「イエスの血がすべての罪を洗い流した事実を信じて救われた」と続けた。



その後、神の導きを受けて宣教学校に入り、アプゴクトンで9ヶ月間生活する間、神の摂食で守られた話、軍隊で福音を伝え教会が設立できた神の祝福、チャンパリで福音を伝えたこと、英国の宣教師との出会いの証、そしてテグに教会を設立したこと等を語った。ハーマン氏と放送局の役員は、息子が誕生した際、牧師がただ神だけに頼り、人に依存しないで神の導きだけに従った証に驚いた。


パク牧師は、多くの人がイエスを信じると言いながら自分が罪を犯すから罪人だと信じる、ガーナのヨハネ・アタミルス元大統に「私たちが罪を判決するのではなく、裁判長である神が裁く」と福音を伝えたと語ると、ハーマン氏は「アーメン」と叫んだ。


また、Ⅰコリント6:10-11からイエスによって義とされたことについて語った。レビ記の贖いのささげ物で羊の頭に手を置いて罪を移すのと、マタイ福音書のバプテスマのヨハネがすべての正しいことを実行するためイエスにバプテスマを施したことはペアであると説明した。それから、ヘブル9-10章の永遠の贖いについて語り、地は時間界に属するので罪の贖いが過去に流れるが、イエスは永遠の幕屋に血を注がれ永遠の贖罪を達成したと伝えた。


「人々は、イエスの血が私たちの罪を洗ったのに自分は罪を犯したので罪人だと呼ぶ、しかし神は、イエスの血で私たちの罪を永遠に洗い、私たちの罪を覚えていないと言われる。この事実を信じるとき、変化を受け、罪から解放されます。5月と10月の聖書セミナーでは、多くの人が行動によってではなく、伝えられた福音によって救われた。釜山での最初の聖書セミナーのメッセージが本になり、神はCTN放送、CLF(Christian Leaders Fellowship)やマハナイム神学校多くを介しての牧畜民に福音を宣べ伝え、信仰をもって生きる道を教えています」と話した。

 


江南教会のパク・オクス牧師(右)がCTNのインタビューを受けたのは朗報です。



 

最初から今までの牧師の58年間の働きを聞いて、これは言葉では説明できない奇跡であり、神の力とイエス・キリストの福音だけが多くの牧師を導き、数え切れないほどの人々に受け継がれてきたのは驚くべきことです」と、ハーマン氏は話を聞いて言った。

パク牧師は、94年にロサンゼルスで出会ったアンディという学生を通して、国際青少年団体がどように設立されたかを語り、ヨハネ8章で、イエスは姦淫の女をただ罪を犯すなと帰したのではなく、その心に感謝をいっぱい入れ、他は入ることができない心にしたのだ。アンディの心は感謝の気持ちでいっぱいに変化し、それを機会に国際青少年団体が設立され、数多くの学生が変化を得たと述べた。この時も、ハーマン氏は感動を禁じえなかった。


両親の離婚や家族の不和などから、多くの学生の心が怒りと苦しみに満ちている。パク牧師は信仰と音楽でそれらを洗い流そうと聖歌隊を作り、神はグラシアス合唱団を世界最高の合唱団に変えたと、国際合唱祭での受賞歴とアメリカの29都市での公演を語り、ハーマン氏は「うわー」と叫んだ。


ハーマン氏は、「牧師がなさるすべては、神の計画の中で行われ、神が牧師のすべての足取りを握り、仕事を成し遂げたのを見ることができます」と言った。「この場に牧師を招くのはCTNの栄光であり、牧師が電波で福音を米国に伝える影響を考えると、これは歴史的なものです。神が牧師の人生を導いたように、今日のプログラムも神によって導かれました」と伝えた。最後に「聴衆だけでなく、多くの人が救われるように」とし、「今、アメリカではパク牧師の祈りを必要とする恐ろしいことが多く起こっている」と述べた。


パク牧師は、福音から始まったアメリカの多くの人が救いを受けて神と一つになり、福音を愛する多くの人々が起きるように願い、CTN放送を通して福音を宣べ伝えられたことへの感謝の気持ちを祈った。

 


CTN放送とアメリカのために祈るパク・オクス牧師

 

初め30分に予定されていた番組の録画が1時間に増え、30分ずつ二日連続で放送されるようになった。放送は12月28日、29日の午前10時と午後5時1日2回放送される。