グッドニュース 国内・外のグッドニュース宣教会のすべてのニュースを見ることができます。

【ケニア】Being Justified ! パク・オクス牧師とともにするケニアのCLFカンファレンス

投稿者
goodnews2
投稿日
2021-11-06 00:05
閲覧数
54
- アフリカ4カ国の伝道旅行、最初の国であるケニア
- ケニアCLFカンファレンスの主講師として御言葉を伝える
- ケニアCLFカンファレンス、収容人数6000人可能なモイスタジアムで距離を確保するために3000人ほどが参加
- パク・オクス牧師の御言葉と証の中に現れた神の働きに、参加者らしは拍手と歓声で答える

パク・オクス牧師のアフリカ4カ国の伝道旅行は、11月1日から9日まで行う予定だ。東アフリカのケニアを皮切りに西部のガーナ、コートジボワール、トーゴの4カ国を訪問し、各国の首脳をはじめ政府関係者との面談及びCLF(Christian Leaders Fellowship;キリスト教指導者連合)カンファレンス、牧会者面談、記者会見、放送局でのインタビューなどの日程で行う。またコートジボワールでは、アビジャン市のブルーリ潰瘍臨床試験および病院建設の報告会もある予定だ。

伝道旅行で最初の訪問国となるケニアは、CLFの活動が世界のどの国より活動的である。パンデミックによって海外への移動が制限されいるので、CLFの交流もオンライン上でしかできなかったが、最近では社会的距離を保つ範囲のなかで、イベントができるようになった。


ケニアCLFカンファレンスが行われたモイスタジアム

11月1、2日の二日間間、ケニアCLFカンファレンスが開かれているモイスタジアムは、ナイロビのカサラニに位置する最大6,000人まで収容可能だ。そして、カンファレンスには、キセベ・アーサー・キトンガビショップ(東アフリカのキリスト教代表)、モファト・ジョセフ・キリオバビショップ(五旬節教会元総裁)など、ケニアのキリスト教を代表するビショップたちと約3000人のキリスト教の指導者らが参加した。


キトンガビショップがパク・オクス牧師を出迎えている


ケニアと韓国の学生たちがパク・オクス牧師に歓迎の花束を贈呈する


パク・オクス牧師を歓迎するケニアのキリスト教の指導者と青年たち


パク・オクス牧師を歓迎するケニアのビショップとキリスト教の指導者の方々

11月1日、ケニアに到着したパク・オクス牧師は、CLFカンファレンスのためにモイスタジアムに向かった。ケニアのキリスト教大司教のキセベ・アーサー・キトンガビショップが自ら入口まで出迎えるなど、ケニアのビショップとキリスト教の指導者、青年たちに歓迎されながらスタジアムの中に移動した。スタジアムでは、3000人ほどの参加者が一斉に起立してパク・オクス牧師を歓迎した。


CLFカンファレンスを喜ぶケニアのキリスト教の指導者たち

宗教活動に制限されていたケニアの牧師と指導者らは、CLFカンファレンスというキリスト教のイベントに参加できた喜びをともにした。


キトンガビショップとキリオバビショップは、祈りと祝辞を通してパク・オクス牧師とともにするCLFカンファレンスへの期待と願いを伝えた。

パク・オクス牧師の御言葉が始まる前、キトンガビショップとキリオバビショップは祈りと祝辞を通してCLFカンファレンスへの期待と願いを伝えた。

「我が父、神よ。これほど素晴らしい行事に参加できて感謝します。世界中にあるグッドニュース宣教会によって、多くの人が病気から治るなどの祝福を受けています。それからケニアに福音が入った後、争いがなくなって皆の心が一つになりました。パク・オクス牧師とすべての宣教師のためのこの祈りを神が必ず聞いてくださると信じます」 (キトンガビショップの祈り中)

「今日、パク・オクス牧師がケニアを訪問してくださったことに感謝します。このカサラニから伝わる福音が、メディアを通してケニアの隅々まで伝わると信じます。パク・オクス牧師にはイエスの御心があり、世界にある多くの機関を管理し、連合させています。また人々には温厚で低い心を持っている彼は、マインド教育も始めました。私たちにもこのマインド教育は切実に必要です」 (キリオバビショップの祝辞中)



CLF講師であるパク・オクス牧師は、永遠の贖いに関する御言葉で、ケニアに新しい希望を植え付けた。

パク・オクス牧師は、ガーナの故ジョン・アッタ・ミルズ元大統領のご逝去直前に福音を伝えたことの証をした後、「罪は自分が判決するのではなく裁判長が判決を下すことです」とし、『私たちの罪に対する神の判決文』であるローマ書3章23節と24節で福音を伝えた。

「24節にはイエスがおられました。 アーメン!ハレルヤ! イエスが私たちを贖われました。Being Justified((義と認められた)!」
「アーメン!」


24節にはイエスがおられました。アーメン!ハレルヤ!イエスが私たちを贖われました。Being Justified!


アーメン!

スタジアムは「Being Justified!」という歓声が響きわたった。パク・オクス牧師は、驚くほど働かれる神を力強く伝え、参加者たちはその御言葉と証を聞いて神の偉大な働きに歓声と拍手を送った。



パク・オクス牧師はオンライン上で御言葉を伝え、米国51の放送局及び全世界にある661の放送局を通して福音が伝わったことや米国の伝道旅行中に伝えた福音によって、多くの人々が『義と認められた人』になったことを述べた。そして、自分の考えを信じずに御言葉を信じるように呼びかけた。


フレデリック・オガラビショップ(ブンゴマの勝利信仰教会)

「今日、パク・オクス牧師のメッセージは私の心を当惑させました。私の聖書への知識は非常に浅く、彼の力強くて心に響くメッセージはとてもわかりやすかったです。私にも、人々にも是非必要な御言葉でした。数年間に渡り偽りの福音を伝えたことを知り、彼のメッセージを通して御心と罪だけではなく、神の恵みと愛が見えました。彼をブンゴマ地域にも招き、福音によって導かれたいです」(フレデリック・オガラビショップ/ブンゴマの勝利信仰教会)


ケネディ・ウンバティアビショップ(救いの教会)

「パク・オクス牧師の教えは平凡ではありません。イエス・キリストによって得られる『罪の赦し』に対して深く考えさせられた時間でした。私たちはまだ義人ではないと思いましたが、誰でも彼が伝える正確な御言葉を聞くと義人になり、十字架ですべてを成し遂げられたイエスに感謝するようになります。私たちが信じても信じなくても、神の御言葉によって義と認められました。このような御言葉を聞くことができて感謝します」(ケネディ・ウンバティアビショップ/救いの教会)


キセベ・アーサー・キトンガビショップ(ケニアのキリスト教大司教および贖いの福音教会設立者)、モファト・ジョセフ・キリオバ(五旬節教会の元総裁)などケニアの大規模教団ビショップたちとの交流

その後、キセベ・アーサー・キトンガビショップ、モファト・ジョセフ・キリオバビショップ、フレデリック・オガラビショップ、ケネディ・ウンバティアビショップなど、ケニアの大規模教団との挨拶を交わす場でビショップたちは、「素晴らしい教えです」、「私たちも信じます」、「神の預言者の御言葉であり、この時期に最もふさわしいです」、「恵みを受けました」、「真の福音だと信じます」、「多くの人が福音を聞きました。あなたは神の真のしもべです」と、喜んだ。この場で、ケニア西部地域のビショップたちが、パク・オクス牧師に自分たちの地域にも来訪をお願いすると、パク牧師は快く受け入れた。


ケニアのCLFカンファレンスのために、モイスタジアムに集まった約3,000人の参加者たち

パク・オクス牧師は「心の交流ができてうれしいです。同じ心の兄弟として福音も一緒に伝えましょう。そして、80万人が心をともにしています。神は、教団とは関係なく、心を一つにすることを一番喜ばれます」と言った。終わる時は、神の中でともに歩むことを願う心で祈りました。