グッドニュース 国内・外のグッドニュース宣教会のすべてのニュースを見ることができます。

【オーストラリア】望みと希望をたっぷり持って訪れるパク・オクス牧師聖書セミナー

投稿者
goodnews2
投稿日
2021-11-09 10:49
閲覧数
71
ロックダウン(Lockdown)規制が緩和され、対面での集まりが可能になったオーストラリアで始まったパク・オクス牧師聖書セミナー


YouTubeとFacebookそしてズームで中継されるセミナー

 

年、新型コロナウイルスのためにオンラインを通して125ヶ国661放送、累積視聴者数20億人に福音を伝えた<パク・オクス牧師聖書セミナー>が18日(月)に開幕し、5日間行われる。

今回オーストラリア<パク・オクス牧師聖書セミナー>ではいつもとは違って特別に行われる。
オーストラリアでは現在、全国で2回目ワクチン接種率が70%、NSW州は80%を越え、ロックダウン(Lockdown)規制が緩和されている。特にシドニーに属しているNSW州は11日(月曜日)からロックダウン(Lockdown)規制が徐々に緩和され、現在室内では20人まで集まるようになった。それで今回の聖書セミナーは『訪ねる聖書セミナー』という副題をもって、集会に一度も参加したことのない友人の家で、もしくは友人を自分の家に招待して一緒に聖書セミナーに参加するように行われた。

聖書セミナーはグッドニュース宣教会の宣伝映像後、パク・オクス牧師が伝える福音を聞いて生まれ変わって福音伝道に心をともにする各国キリスト教指導者の祝辞と証で始まる。

2015年ドイツのマルクトオーバードルフ国際合唱祭をはじめ、世界優秀の国際合唱祭を席巻したグラシアス合唱団は合計9回、御言葉が伝えられる時間ごとに賛美をもってともにする。

 


デルマー執事の証

聖書セミナーに参加したタウンズビルにあるデルマー執事は、「今回の集会は私にとって祝福です。パク・オクス牧師が三十八年もの間、病気にかかっている人に対して話してくださいましたが、考えを捨てて御言葉をそのまま信じなければならないということです。神の御言葉によってすべてのものが造られ、成し遂げられました。祝福されることも自分の考えではなく、また私の行いではないということです。今回の聖書セミナーを通してもっと多くの人々がつながれるよう願います。人々が自分の都合や自分の置かれた状況のために心が隠れていますが、パク・オクス牧師の御言葉を聞きながら心が神とつながり、彼らの人生に恵みを受けられれば幸いです。神のしもべの御言葉を通して私たちがどれ程大きな祝福を受けたかわかりません。ありがとうございます。」と感想を述べた。

 


エリタ(Alita)姉妹の証

エリタ(Alita)姉妹は、「今日パク・オクス牧師の御言葉を聞くことができてとても嬉しかったです。以前にも何度か御言葉を聞きましたが、今回の御言葉は私にとってとても良かったのです。今回の集会に参加して御言葉を聞けるということが祝福です。神の御言葉が心に入り、大きな祝福が私の心にとどまることを望みます。ありがとうございます。」と述べた。

 


テイホ牧師の証

今回の集会に初めて参加したテイホ牧師は「今日の説教の御言葉が私にはとても良かったのです。パク・オクス牧師がおっしゃるには、すべての人はイエスが私たちの罪のために亡くなったことは知っているが、実際心では信じていないと言われました。イエスが私たちを義と認めてくださいました。神の贈り物である罪の赦しを受けるだけです。神の御子であるイエスが十字架に付けられたために私たちが救われたのです。それで私たちは御国に行けるようになったのです。その真理を信じるべきです。イエスを受け入れるべきであることを。イエスの血潮が、彼の功績により、また十字架に付けられたことによって私たちが罪の赦しを得たのです。そして心からこの福音をもって人々に話したくて伝えたいです。イエスが私とみなさんのために救いを成し遂げたことを。感謝します。」と述べた。

 


マービン牧師の証

シドニーのマービン(Marvin)牧師も今回の集会に初めて参加し、「とても素晴らしい聖書セミナーでした。パク・オクス牧師の教えはとても簡単で理解しやすかったです。驚くべき教えでした。確かな救いは『イエスの血によって成し遂げられる』ということです。私たちはもはや罪人ではありません。神の義が私たちに臨まれました。なぜならば、イエスがすでに報酬を支払ったからです。素晴らしい御言葉でした。心から感謝します。」と伝えた。

 


友人を招待してオンライン聖書セミナーにともにした参加者たち


Zoomでオンライン聖書セミナーに参加した参加者たち

 

このように今回のオーストラリア聖書セミナーは硬い石を突き抜けた花のように、困難の中で望みと希望をもって始まった。<訪ねる聖書セミナー>を行ないながらロックダウン規制の中で知人を訪ねる部分に多くの負担もあったが、すべての聖徒たちがその負担を乗り越えてあちこちに行って多くの方々に福音を伝えるようになった。
またオーストラリア教会はソロモン、バヌアツ、パプアニューギニア、グアム、パラオ、北マリアナ計6カ国にフェイスブックを通して聖書セミナーを送出した。この島国にはまだグッドニュース宣教会がないですが、インターネットを通して福音が地の果てまで伝わるのを見て希望があるとオーストラリア教会は伝えた。