グッドニュース 国内・外のグッドニュース宣教会のすべてのニュースを見ることができます。

【イスラエル】人間の基準と神の基準は違います!

投稿者
goodnews2
投稿日
2022-04-02 09:29
閲覧数
104
- エチオピアキリスト教ユダヤ人チェバオット牧師と交わり
- 聖地巡礼
- イスラエルキリスト教牧会者協会(UIIC)の会長及びビショップとの午餐会
- クライスト教会の黄金のエルサレム記念コンサート

イスラエル政府の公式招待でイスラエルを訪問中であるパク・オクス牧師は18日、エチオピアキリスト教ユダヤ人との交わり、聖地巡礼、イスラエルのキリスト教牧会者協会(UIIC)の会長及びビショップたちとの午餐会、クライスト教会の黄金のエルサレム記念コンサートなど、忙しいスケジュールをこなしている。

 

エチオピアキリスト教ユダヤ人であるチェバオット牧師との交わり

早朝からパク・オクス牧師との交わりのために訪ねてきたチェバオット牧師

18日(金)の早朝、エルサレムで牧会をしているエチオピアキリスト教ユダヤ人、チェバオット牧師がパク・オクス牧師を訪問し信仰相談を行った。

チェバオット牧師はJCPT(Jerusalem Center for Peace & Truth)教会の設立者でパク・オクス牧師のイスラエル訪問の知らせを聞いて、14日の月曜日にもパク・オクス牧師を集いに招待し御言葉を伝えてほしいと要請した。

面談の場でパク・オクス牧師はイスラエル民が律法を全部守ると言ったけれど結局守ることができなかったと話し、「神は私たちと律法で会うことを願いません。律法を守ることができないのでエレミヤ31章の御言葉のように、新しい契約を私たちに与えられました」と強調した。

 


自分が御言葉を正しく理解しているか確認するチェバオット牧師

続いて、ヨハネの福音書8章の『姦淫の現場で捕らえられた女』の話で「イエス・キリストが私たちに新しい契約となられました」と福音を伝えた。

パク・オクス牧師が伝える福音を聞いたチェバオット牧師は感激しながら、「パク牧師の御言葉で私が恵みと律法を同時に信じていたことに気づかされました。先生が伝えた御言葉通り、ただ恵みだけで私は義人になりました」と話した。

 


チェバオット牧師は救われて感謝した。パク・オクス牧師との記念撮影

また、面談を終えてからは「今日、パク先生との面談を通して大きな発見がありました。人は決して律法では救われません。ただ恵みで救われます。イスラエルで暮らしている多くの宗教家に必ず必要な御言葉です。このような福音はイスラエルに最も必要です。これからはパク牧師と共にし、宣教学校で学びたいです。わが教会の牧会者らと一緒に韓国で訓練を受けたいです。2ヵ月後に韓国に行きます」と語った。

 

聖地巡礼

午前中には2千年前のイエスの足跡をたどって、聖書の主要な聖地を訪問するようになっあ。

・オリーブ山

オリーブ山からエルサレムを眺めながら、聖殿について説明をしている

「その日、主の足は、エルサレムの東に面するオリーブ山の上に立つ…」メシアが来られるという預言通りイエスが来られて、ロバに乗ってエルサレムへ入られた。オリーブ山の頂上はイエスが天に昇られて再びこの世に来られると言われた意味のある場所である。

 

・オリーブの木

2000年前、イエスの時代にも実際あったオリーブの木の前で記念撮影

イエスがロバに乗って下られたオリーブ山を下ると、2000年前のイエスの時代に実際あったオリーブの木に出会う。その前で記念撮影。

 

・嘆きの壁

話を交わしたユダヤ人は聖書に詳しいと言いながら驚いた。


嘆きの壁の前で記念撮影

ユダヤ人にとって最も大事なところはイスラエルの地で、イスラエルの中でもエルサレム、エルサレムの中でも昔のヘロデ聖殿の西側の壁、すなわち嘆きの壁である。嘆きの壁で聖書を読んでいるラビと話を交わした。ラビがプーリームについて話すとパク・オクス牧師はよく知っている話だと言って、ハマンにあげた指輪をモルデカイに渡した内容を話した。ラビはなぜこんなに聖書に詳しいのかと驚いた。

 

・ヨルダン川

ヨルダン川の前で記念撮影


合唱団はヨルダン川の前で予定になかった小さな音楽会を開いた。


グラシアスの公演を聞いて喜ぶ観客たち

ヨルダン川は私たちも良く知っているように、「見よ、世の罪を取り除く神の小羊」と叫んだバプテスマヨハネがイエスにバプテスマを授けたところである。そこで予定になかった小さな音楽会が開かれた。ヨルダン川の前の小ぢんまりとした集いの場でグラシアス合唱団が歌を始めると一瞬にして周りにいた人々が集まり小さな音楽会が開かれた。観客たちは合唱団の音楽に大きな歓声をあげ、割れんばかりの拍手を送った。

 

イスラエルキリスト教牧会者協会(UIIC)の会長及びビショップたちとの午餐会


イスラエルキリスト教牧会者の集いが行われたKing David Hotel

午後1時、King David Hotelの1階ではイスラエルキリスト教牧会者(ビショップ)と午餐会を行った。そこにはマキシム・カイラネン(UIIC連合ビショップ兼Israel Empowerment Lobbyの社長)を始め、Eliezer Muzychenko(UIIC連合会長)、Aviel Stankevitch(UIIC連合リションレジオン教会の牧師)、Evgeny Tayts(TBNイスラエル支部局長、UIIC連合エルサレム教会の牧師)、イバン・ミハイロビッチ(ロシア・モスクワ国際治癒協会の牧師)が参加して、これからのイスラエルの福音化に心を合わせる時間となった。

 


イスラエルキリスト教牧会者(ビショップ)たちと午餐会を行った。


イバン・ミハイロビッチ牧師はパク・オクス牧師に出会って自分の人生が変わったと話した。



イバン・ミハイロビッチ牧師はパク・オクス牧師に出会って自分の人生が変わったと紹介した。特にパク・オクス牧師が聖書的に意味のあるイスラエル国会を訪問して政府関係者らに福音を伝える姿を見て感激したと明かした。マキシム・カイラネンビショップはこれから共にするビショップと牧師たちを紹介した。

 


パク・オクス牧師は「今まで神が導いてくださったようにイスラエルでも何事もイエスによって進めていきたいです」と話した。


合唱団の音楽を楽しんでいる参加者たち


撮影しながら楽しんでいる参加者たち

パク・オクス牧師は「私たちが心を一つにして福音のために働けばさらに大きなことができます。韓国で福音伝道を始めて、海外宣教師を派遣することができました。パンデミックが始まり、インターネットやメディアを通してより多くの人に福音を伝えることができました。今回、イスラエルでもイエスによってすべてを進めていきたいです」と話した。

 

クライスト教会(Christ Church)での黄金のエルサレム記念コンサート


夜7時にはイスラエルエルサレム聖殿の中にあるクライスト教会で黄金のエルサレム音楽会を開いた。

夜7時にはイスラエルのエルサレムの中にあるクライスト教会で黄金のエルサレム音楽会を開いた。クライスト教会はエルサレムで200年の歴史を誇る、最も古いプロテスタント教会で、今回のイベントのために心を開いて場所を貸してくれた。

 


ピアニストソク・スンファンの舞台


バリトンのシン・ジヒョク、ソプラノのイ・スヨンとチェ・ヘミの舞台

グラシアス合唱団のピアニスト、ソク・スンファン、バリトンのシン・ジヒョク、ソプラノのチェ・ヘミとイ・スヨンは美しい音楽で観客たちを感動させた。特にユダヤ人たちの間で第2の国歌としてよく歌われる<黄金のエルサレム>を歌った。<黄金のエルサレム>はエルサレムがヨルダンの管轄だった当時、ユダヤ人たちがエルサレムに入ることができなかったのでそのエルサレムを懐かしみながらよく歌われた曲である。観客たちは大きな歓声とアンコールで音楽会に応えた。

 


パク・オクス牧師はルカの福音書10章の強盗に遭った人の御言葉で福音を伝えた。

この日、パク・オクス牧師はルカの福音書10章の強盗に襲われた人の御言葉を皮切りに福音を伝えた。

「試験の点数が98点ならとても優等生です。しかし神様の基準では100点じゃなければなりません。人々の基準では98点なら本当に勉強ができるほうですが、罪の場合は一つや二つくらい犯しても大丈夫だろうと思うなら大間違いです。人間の基準と神様の基準は違います」

人はそれぞれ基準を持っていて異なる考えを持っています。ルカの福音書10章の26節の御言葉『イエスは言われた。「律法には、何と書いてありますか。あなたはどう読んでいますか。」』は、記録された御言葉に対して人それぞれの考えが異なるということを意味しています。自分の考えで読むのではなく、イエスがどのように考えているのかに焦点を合わせなければなりません。

 


パク・オクス牧師はイエスの御言葉に焦点を合わせなければならないと説明した。


「イエスが全てを成し遂げられました。私たちの行いや努力は一つも入っておらず、ただ主がなさいました」とメッセージを伝えた。

「自分が何かをしなければならないというのは世の中の基準です。強盗に襲われた人が救われるために何をしましたか。何もしていません。サマリヤ人が全てをしてくれました。サマリヤ人は彼を見てかわいそうに思い、油とぶどう酒を傷口に注いで、ほうたいをし、自分の家畜に乗せて宿屋まで連れて行きました。全てサマリヤ人、すなわちイエスがなさいました。私たちの行いや努力は一つも入っておらず、ただイエスがなさいました」とイエスによって完璧になるメッセージを伝えた。

 


コンサートが終わったあと、イスラエルの青年たちと交流の時間を持った。


行事の案内版を見てパク・オクス牧師のことを問い合わせる人もいた。


案内板を見てパク・オクス牧師のことに気づいたアメリカからの宿泊客

 

イスラエルに、人間の苦労と努力ではない神の恵みの福音が伝えられている。ひとりの青年に、ひとりの牧会者に、ひとりのラビに、キリスト教指導者らと代表ビショップらにもこの恵みの福音が伝わってその人生が変わり、それを通して全イスラエルが変わり始めている。