グッドニュース 国内・外のグッドニュース宣教会のすべてのニュースを見ることができます。

【韓国_テドク】1次冬のキャンプ初日、「否定的な考えを肯定的な考えに転換」

投稿者
goodnews2
投稿日
2022-12-31 22:03
閲覧数
32
|2022年、熱い福音の働きをつなぐ第52回冬のキャンプ
|冬のキャンプの初日、トゥルーストーリー『私の解放日誌』
|インチョン教会のハーモニクスと合唱団のコラボ公演で好評を博し
|主講師のキム・ジェホン牧師は「考え方の転換で恵まれた人生を送ることができる」と伝え

「わたしに求めよ。わたしは国々をあなたへのゆずりとして与え、地をその果て果てまで、あなたの所有として与える。」(詩2:8)

グッドニュース宣教会のパク・オクス牧師が福音を伝えてから60周年。

グッドニュース宣教会は10月、韓・イスラエル国交正常化および福音伝道60周年を記念してテルアビブとエルサレムで「ピース(PEACE)コンサート」を開催し、パク・オクス牧師はエレミヤ31章に現れた『新しい契約』の御言葉を伝え、イスラエルで福音を宣べ伝えた。
この知らせを聞いたイギリススポルジョン神学校フィリップ・マコーマック総長、ケニアキリスト教総会ネルソン・マカンダ事務総長などをはじめ、各国の主要教団牧師100人余りが11月、パク·・オクス牧師聖書セミナーに参加した。



このようにグッドニュース宣教会は全世界に向けて福音伝道に先頭に立っており、年に2回、夏と冬にキャンプを行い、多くの人に福音を伝えている。その福音の熱気が寒波を乗り越えるほど熱い。 各地から集まった1700人余りの聖徒たちが全国的な大雪の中で冬のキャンプに期待感を持ってテドク修養館に続々と到着した。

第52回1次冬のキャンプは12月28日から31日まで3泊4日の対面で行われる。

初日の夕方、賛美時間として本格的なプログラムが始まった。


賛美時間


インチョン教会の『私の解放日誌』


インチョン教会が準備したトゥルーストーリー『私の解放日誌』は殺人犯として懲役10年を宣告され刑務所でキリスト教信友会会長であり模範囚として暮らしたが、復讐の刃を研いで苦しんだリュ・ジェヨン氏の話だ。 刑務所でパク・オクス牧師との出会いを通じて人生が完全に変わった彼は、教会の中で新しい家庭を築き、福音を伝えながら30年を経て長老按手を受けた。彼の人生の変化の物語は聖徒たちに大きな感動を与えた。



ゴスペルグループハーモニクスが賛美する姿(この喜び知らせを全地に伝えよう。心の畑に立ち)



インチョン教会の合唱団とハーモニクスのコラボ公演



公演を見て喜ぶ聖徒たち



ハーモニクスが共演する新鮮な公演に呼応する聖徒たち


続いてインチョン教会の合唱団とゴスペルグループハーモニクスが共にするコラボ公演は新鮮な感動を与えた。甘美で力強いハーモニクスの賛美と合唱で、御言葉を聞く前に聖徒たちの心を大きく開いた。



主講師キム・ジェホン牧師が御言葉を伝えている。


主講師キム・ジェホン牧師はサムエル第一27章1節~7節を本文とし、否定的な考えから肯定的な考えへの考え方の転換を通じて幸せな人生を送る方法を伝えた。「ダビデが否定的な考え一つを受け入れて、ツィケラグが燃える、会わなくてもいい不幸に出会いました。否定的な考えにとらわれると、あわずに済むはずの不幸と困難に遭います。それでは考えを一つ変えればいいです。誰も考えに対して警戒しません。否定的な考えはサタンが掘っておいた罠です。否定的な考えを許すので、自分の人生が難しくなることを知らなければなりません。否定的な考えから肯定的な考えに転換すれば人生の途方もない変化が来ます」と伝え、次の時間に思考の転換方法を伝えることにした。



主講師の御言葉の注目する聖徒たち



『思考の転換』の転換の重要性を傾聴する聖徒たち


インチョン教会のチャン・ミジャ姉妹は、「思考を転換することができれば、最初にあった
否定的な考えで生られないと言われていました。福音のために働く中で大変だと思って誰かのせいで難しいと言う時が多いが、今日の話を聞きながら抜け出すことができました。 思考を転換することができて生きていけば、幸いな人生になるという御言葉に感謝しました」と話した。

マサン教会のジョン・ヨンジュウ姉妹は「否定的な考えを受け入れれば恨みと不平の中で人生が不幸にならざるを得ないが、思考を転換して肯定的な考えに変えることになれば喜びと感謝で人生が幸せになるしかないと言われました。教会の中で神が私にすでに開かれた扉を置いて、どんな事情と問題があっても喜びと感謝の気持ちを持って幸せに暮らせるようにしてくれてありがとうございます」と伝えた。

モッポ教会のウ・スンスク姉妹は、「私の人生がアップグレードされるためには考え方の転換が必要だと言われました。列王記第二7章の長官は否定的な考えを受け入れ、結局死に至ることになり、列王記第二5章のナアマン将軍は否定的な考えが先にやってきましたが、しもべたちの声を聞いて考えを転換し、ツァラアトがきれいになるのを見ました。私の人生を肯定の人生に変えてくださる神の御言葉が望みとなり、残った修養会の時間が期待されます。」と話した。



聖徒たちは主講師のキム・ジェホン牧師の御言葉を聞きながら、否定的な考えから肯定的な考えに転換すれば幸せな人生を送れるという期待感でいっぱいになった。 冬のキャンプは12月28日から1月21日まで4回にわたって行われる予定だ。

#東京恩恵教会 #グッドニュース宣教会 #GNMJAPAN #冬のキャンプ