日本教会便り 

【東京】待ちに待った再会「春の野外礼拝」

投稿者
goodnews2
投稿日
2022-05-30 12:01
閲覧数
78


東京教会では、5月22日の日曜日に野外礼拝を九十九里町の修養館で行いました。天気について、雨が降ったらどうしようかと不安になりましたが、兄弟・姉妹たちの祈りによって神様が私たちに良い天気をくださり、好天の中で、1日を楽しく過ごすことができました。
2020年の初めころより、コロナによって私たちの行動が長い間抑制され、このような集まりができませんでしたが、今回このように野外での集まり、また元気に走り回って遊ぶ子供たちの姿を見ると、幸せを感じます。この野外礼拝を許してくれた主に感謝します。

野外礼拝を行う前日には、東京教会の青年会の兄弟・姉妹たちが中心となって、修養館の掃除や草刈りを実施して、日曜日の野外礼拝を迎えました。草刈りを行うときも、雨が降ると草刈りもできないし、野外礼拝も不可能となってしまうと不安がありました。東京から九十九里に向かう途中、大雨がありましたが、九十九里に到着してみると雨は降っておらず、草刈りを無事完了することができました。東京に戻る途中、また雨が降ってきました。主が私たちが作業する間、雨を降らないようにしてくださり、感謝しました。

 

参加者たちの証

参加した兄弟・姉妹たちの喜びの声です。

ズィンモーテッ姉妹
こんにちは。私の名前はズィンモーテッと申します。
まずは神様に感謝します。私は日本に来て2年が経ちました。2年間、コロナの影響で御言葉をオンラインでは聞きましたが、日本で教会へ行ったことはありませんでした。今回は神様の恵みで初めて教会の兄弟・姉妹達に会えて、牧師先生の御言葉も直接聞くことが出来て本当に嬉しかったです。日本語があまり分からないですが、ミャンマー語の通訳もあったので本当に感謝でした。久しぶりに皆様に会えて直接話しかけたり、ゲームしたりできて、すごく楽しかったです。これからもよろしくお願い致します。

感謝だった御言葉 イザヤ 53:6-7
われわれはみな羊のように迷って、おのおの自分の道に向かって行った。主はわれわれ全ての者の不義を、彼の上に置かれた。彼はしえたげられ、苦しめられたけれども、口を開かなかった。ほふり場に開かれていく小羊のように、また毛を切る者の前に黙っている羊のように口を開かなかった。
私は救われても自分の考えの中に生きていた時もありました。しかし神様の恵みで今日まで教会と御言葉で引っ張ってくれて神様に感謝します。


一番左がズィンモーテッ姉妹

 

イ・スヨン姉妹
青年たちは野外礼拝の前日に、千葉の修養館に行き、草刈りや建物の掃除をしました。長い間掃除をしていなかったのでとても汚かったです。拭いても拭いても汚れが落ちませんでした。掃除はとても大変でしたが、お姉さんたちとおしゃべりしながら、音楽を聴きながら心は楽しくできました。
夜は急にお湯と床暖房がつかなくなり、やかんでお湯を沸かし、シャワーをしました。寝る時も床暖房がつかなくて、寒くて眠れないのではないかと思いましたが、疲れたせいか1度も起きずぐっすり眠れました。
野外礼拝ではゲームの時間に司会を務めました。当日マイクがないことを知り、マイクなしでゲームを進行しました。ずっと叫びっぱなしで喉が痛かったのですが、聖徒の皆さんがとても楽しんでくださり、喜ばれていたので、私も嬉しかったです。そして、神様がいい天気を与えてくださって感謝しました。


左がゲームの進行を担当したスヨン姉妹

 

カンヨン姉妹
3度イエスを否認したペテロ、私たちは過ちや試みに落ちても大丈夫!
そこからまた、イエスに引き返せばいい!と青空が広がる修養舘の運動場で聞こえてくる牧師先生のみことば!
コロナが始まって3年になりますが、まだまだ、終わる気配の見えない中で先週の日曜日、今年初めての野外礼拝を迎えました。神様の恵みで手術も無事終わった翌週日曜日に野外礼拝を捧げることができました。雨のおかげで元の日程が一週間ずれた為、参加することができました。神様は私が参加できるように雨を与えたのかなぁ?
久しぶりに兄弟、姉妹、子供達が青空の下で思い存分、食べたり、はしゃいだり、笑ったり、とても幸せな時間を送ることができ、感謝しました。
教会の導きはいつもそうでした。
今回、手術を受けましたが、2月の手術予定が入院当日にコロナにかかってしまい、やっと手術をうけることができました。2度目の入院当日、またまた、激しい頭痛に襲われ、え!また、コロナ?何で私はいつもこうなんだろう?どうしてスムーズにはいかないのだろう?という考えにとらわれました。そのとき、私は自分に願わないことが起きた時、いつもこのような考え方をする自分の姿を見ました。
そこで、神様が良いものしか与えないとしもべが言ったことを思い出し、もし、今回も手術がダメだったら神様が手術しないで治してくれるに違いない!と考えを変えることができました。
頭痛も治まり、神様の導きで無事に手術を終えることができました。
回復も凄くスムーズだったので、野外礼拝に参加でき、とても楽しい時間を過ごせて感謝しました。
青年達が心込めて準備した中でゲームに参加できなくてちょっと残念でしたが、私達が幸せな時間を過ごせるように準備してくれた心を感じ、胸がいっぱいになりました。
いつも神様と繋がるように導いてくれる教会や、僕に感謝します。


カンヨン姉妹

 

松本長老
神さまが大きな恵みをくださり野外礼拝を許して下さいました。 
今年の野外礼拝は、特別な一日となりました。というのはコロナ禍の長いトンネルを抜けて緊急事態宣言解除の中、東京教会の場合、4月から対面礼拝が始まりました。しかし、制限付きの対面礼拝をやらざるを得ない状況で、参加する兄弟姉妹たちも約半数ぐらいしかいませんでした。そんな中、東京教会のしもべから、野外礼拝をやりましょうと言われて、やっと皆なで会える機会に胸を膨らませ、希望を与えてくれました。
ところがこの時期、日本は毎日のように雨が降っている状況で、天気予報ではここ2週間全て雨模様、野外礼拝に神さまは約束をくださったのですが、雨で出来ないだろう、無理だろうという思いが強く上がってしまいました。野外礼拝をやろうとしている千葉の修養館の、特にグランドの草刈りをして整備するにしても雨ばかりで、いつしか、前を見ることすらできなくてなっていました。
御言葉で言われているように、神さまが働かれるところに必ずサタンも働きます。私の心にも、兄弟姉妹の心にも神さまの約束の御言葉が立たされ、野外礼拝ができるのか?それとも天気予報どおり、雨が降り、そのとおりに野外礼拝をできないようにするのか? 複雑な思いの中、前日の土曜日に雨の降っている中、足を踏み出し、修養館へ向かいました。千葉に入るや否や土砂降りの雨が出迎え、神さまの前にお祈りするしかない心をくださいました。私が思い出したのは、韓国でのワールドキャンプの開会式での雨の出来事です。神さまが許し、与えてくださったことであるならば、必ず朴先生に働く神がこの日本でも働かれると信じる心が生まれました。
その日、千葉の修養館に着く頃になると雨もすっかり上がり、すべてが雨によって流されたかのように、私たちは晴れ晴れした心で野外礼拝の受入れ準備をすることが出来ました。次の日の野外礼拝当日はさらに暑くて焼けるぐらいの晴天の中、兄弟姉妹たちが集まって野外でのバーベキューやゲーム等を通して体を動かし、身も心も青空のように神さまの導きで野外礼拝をすることが出来、本当に神さまに感謝しました。


松本長老

 

野外礼拝場所の修養館

 
草刈り前の修養館グラウンド / 草刈り後の修養館グラウンド

 
草刈りをしている様子

 

野外礼拝及びレクリエーション

 
まるで、牛1頭の肉を用意したかのようにたくさんの肉を楽しむミャンマーの兄弟・姉妹達

 
豪勢な食事が用意されました / 子どもたちも喜びました

 
ゲーム『体で話す』

 
仁義なき親子の戦い『ハンマーゲーム』 / ゲーム『女王をつかむ』


ゲームで優勝した赤チームのキャプテンがたくさんの景品をゲット


最後に御言葉を伝えるジョン・グチョル牧師


参加した皆でチーズ
合計 35
手順 サムネイル タイトル 投稿者 投稿日 推薦 閲覧数
35 【九州】九州教会からの便り
【九州】九州教会からの便り
【九州】九州教会からの便り
九州教会からの便り ― ジュ・ジョンシク牧師 こんにちは。九州教会のジュ・ジョンシク宣教師です。 最近日本各地でパク·オクス牧師のヨハネの福音放送説教をラジオ局から放送...
goodnews2 | 2022.06.18 | 推薦 0 | 閲覧数 25
goodnews2 2022.06.18 0 25
34 【東京】第2回青年集会 福音を伝え、喜びを分かち合う東京恩恵教会の青年
【東京】第2回青年集会 福音を伝え、喜びを分かち合う東京恩恵教会の青年
【東京】第2回青年集会 福音を伝え、喜びを分かち合う東京恩恵教会の青年
第2回青年集会 ― 東京恩恵教会青年会 この度、私たち東京恩恵教会の青年会では、第2回目の定例の「青年の集い」を開催した。日本のクリスチャン人口が1%にも満たず、高齢化が進...
goodnews2 | 2022.06.15 | 推薦 0 | 閲覧数 38
goodnews2 2022.06.15 0 38
33 【東京】待ちに待った再会「春の野外礼拝」
【東京】待ちに待った再会「春の野外礼拝」
【東京】待ちに待った再会「春の野外礼拝」
東京教会では、5月22日の日曜日に野外礼拝を九十九里町の修養館で行いました。天気について、雨が降ったらどうしようかと不安になりましたが、兄弟・姉妹たちの祈りによって神様...
goodnews2 | 2022.05.30 | 推薦 0 | 閲覧数 78
goodnews2 2022.05.30 0 78
32 【東京】第1回青年集会 負担を乗り越え、得た証
【東京】第1回青年集会 負担を乗り越え、得た証
【東京】第1回青年集会 負担を乗り越え、得た証
4月7日から9日までの3日間、東京恩恵教会青年会が主催する「青年集会」が行われました。青年会が主催する集会は初めてで、講師、司会、放送準備など全て青年たちが担当しました。青...
goodnews2 | 2022.05.30 | 推薦 0 | 閲覧数 81
goodnews2 2022.05.30 0 81
31 【キャンプ】日本冬のキャンプ「救いは神様からいただいた贈り物であり、恵みです」
【キャンプ】日本冬のキャンプ「救いは神様からいただいた贈り物であり、恵みです」
【キャンプ】日本冬のキャンプ「救いは神様からいただいた贈り物であり、恵みです」
- パク・オクス牧師と共にする日本冬のキャンプ - 信仰で足を踏み出し、福音を伝えよう 引き続くコロナ渦によって日本にも様々な困難があったが、『ダビデは非常に悩んだ。民がみ...
goodnews2 | 2022.03.21 | 推薦 0 | 閲覧数 104
goodnews2 2022.03.21 0 104
30 【姫路】姫路教会礼拝堂の購入
【姫路】姫路教会礼拝堂の購入
【姫路】姫路教会礼拝堂の購入
この度、姫路教会は、礼拝堂の建物を購入して移転をしました。これまでは賃貸で月10万円の家賃を払って教会を運営してきましたが、大きな負担でした。そこで、家賃の安い場所に移...
goodnews2 | 2022.03.07 | 推薦 0 | 閲覧数 129
goodnews2 2022.03.07 0 129
29 【山形】山形に東北の宣教センターを!
【山形】山形に東北の宣教センターを!
【山形】山形に東北の宣教センターを!
山形に東北の宣教センターを! 新庄市に喜びのニュース山形教会がありますが、韓国のしもべの言葉に従って、山形県天童市に東北地方の宣教センターの建物を購入しました。 兄弟・...
goodnews2 | 2022.01.29 | 推薦 0 | 閲覧数 147
goodnews2 2022.01.29 0 147
28 【カンファレンス】全世界に「永遠の贖い」を伝えたCLFカンファレンス
【カンファレンス】全世界に「永遠の贖い」を伝えたCLFカンファレンス
【カンファレンス】全世界に「永遠の贖い」を伝えたCLFカンファレンス
11月22日から26日の5日間、CLF米国ニューヨーク本部主催のCLF(Christian Leaders Fellowship: キリスト教指導者連合) World Conferenceが開催されました。 オンラインでのCLF World Conferenceは、7回目と...
goodnews2 | 2021.12.01 | 推薦 0 | 閲覧数 215
goodnews2 2021.12.01 0 215
27 【セミナー】世界の牧会者と聖徒たちが共にした聖書セミナー
【セミナー】世界の牧会者と聖徒たちが共にした聖書セミナー
【セミナー】世界の牧会者と聖徒たちが共にした聖書セミナー
10月24日の夜から28日の夜まで、日本で下半期の聖書セミナーが『恐れと罪に神のみことばで打ち勝つ』と題してOnlineにて開催されました。 韓国のカンナム教会のパク・オクス牧師が時間...
goodnews2 | 2021.11.02 | 推薦 0 | 閲覧数 209
goodnews2 2021.11.02 0 209
26 【ファミリー】東京恩恵教会家族自慢大会
【ファミリー】東京恩恵教会家族自慢大会
【ファミリー】東京恩恵教会家族自慢大会
東京恩恵教会家族自慢大会(2021年9月25日) コロナ・パンデミックが始まって、2年が経とうとしています。東京教会には、日本人だけでなく、韓国人、中国人、ミャンマー人、フィリピ...
goodnews2 | 2021.10.01 | 推薦 0 | 閲覧数 385
goodnews2 2021.10.01 0 385