グッドニュース 国内・外のグッドニュース宣教会のすべてのニュースを見ることができます。

【ホンジュラス】大統領官邸に響き渡るイエス・キリストの復活の真の意味

投稿者
goodnews2
投稿日
2021-06-28 10:51
閲覧数
41
6月21日、ホンジュラスのテグシガルパにある大統領官邸の多目的ホールで、大統領官邸の警備を担当している軍人及び警察を対象にグラシアス合唱団のイースター・カンタータの上映会があった。


4月放送されたグラシアス合唱団のイースター・カンタータ

去る4月、アメリカだけで129の放送局で放映されるなど、様々なメディアを通して世界中の人々の心に『イエス・キリストの苦難と死、そして復活の真の意味』を伝えたグラシアス合唱団のイースター・カンタータ。上映会関係者は長期化する新型コロナウイルスにより、その心に力を無くした人々に福音による希望のメッセージを伝えようと今回の上映会を準備したと伝えた。

グッドニュースホンジュラス教会の兄弟姉妹は『カンタータは福音そのものである』という心でカンタータ上映会ができる場所を探した。しかし一向に減らない感染者数と低いワクチン接種率の中で営業をしている劇場は多くはなかった。その中、キリスト教指導者連合(CLF)を通して宣教会を知った軍のある将校の推薦で今回の上映会が開催できた。

 


サント・メヒヤ将校は行事開催を積極的に助けた。

「昨年CLFに参加したある知人の紹介で初めてグッドニュース宣教会を知りました。
パンデミックの間、何回か御言葉を聞きました。新型コロナウイルスで長い間家族に会えなかった将兵たちが御言葉を聞きながら慰めと希望を得る姿を見ました。イースター・カンタータの知らせを聞いた際、今こそ本当に必要な行事だという心が湧いてきて一緒に準備をしました。」-サント・メヒヤ将校


 


グラシアス合唱団と宣教会を紹介している

 

グラシアス合唱団と宣教会の紹介で上映会の幕があがり、大統領官邸の警護を担当している120人余りの軍人及び警察が参加した。特に、セサー・カナレス中将、ノーマン・フロレス少将など、大統領官邸の警護最高責任者らが参加した中で行事が行われた。


グラシアス合唱団のイースター・カンタータ(1)


グラシアス合唱団のイースター・カンタータ(2

音楽はもちろん映画にも引けを取らない演出と演技で惹きつけられたイースター・カンタータ。参加者の心にイエス・キリストの犠牲と復活を生き生きと見せてくれたと関係者が伝えた。

 

「今日はまるで2千年前にイエス様が来られたところを旅した気分です。イエスの生涯だけでなくペテロ、イスカリオテ・ユダなど周辺人物の心も感じることができました。イエスの犠牲と復活を直接映像で見ることができて感謝します。良い公演と意味のあるメッセージを準備してくださった合唱団と牧師先生に感謝します」-オベッド・ロドリゲス兵士

 


カンタータを観覧している将校及び兵士たち(1)


カンタータを観覧している将校及び兵士たち(2)

 

カンタータ公演に続き、グラシアス合唱団の設立者であるパク・オクス牧師のイースターメッセージを聞いた。パク・オクス牧師は「イエス・キリストの死と復活は私たちの罪を贖うためで、それによって私たちの全ての罪が雪のようにきれいに洗われた」と福音を伝えた。


イースターのメッセージを伝えているパク・オクス牧師

「多くの人は『私は罪を犯したので罪人だ』このように考えます。しかし聖書はそのように話していません。イエス様が十字架で亡くなって復活され、私たちの罪を贖ったと言われました。この罪の贖いを受け入れればもう罪人ではありません。ローマ書3章の23節と24節は私たちの罪に関する神の判決文です。私たちは罪人でしたが、その罪のためにイエス様は十字架で亡くなり復活されました。それは私たちの全ての罪が解決したという意味です。私たちはもうこれ以上罪人ではありません。義人です」

 


イースターメッセージを聞いている将校及び兵士

 

パク・オクス牧師のメッセージを聞いた将校及び兵士は感謝を伝えた。


上映会の後、記念撮影をしているセサー・カナレス中将(真ん中)

 

「今日、とても素晴らしい公演を見ました。オーケストラの演奏と団員たちの歌は私たちの心を響かせるのに十分でした。しかし何より私の心に残っているのはパク・オクス牧師のメッセージです。いまだに多くの人が自らを罪人だといいます。しかし今日の御言葉のようにイエス様が十字架で亡くなり復活されたので私たちは罪人ではありません。この事実に心を合わせなければなりません」-セサー・カナレス(中将)


感想を伝えているノーマン・フロレス少将

「イエスの人生と教役、犠牲と復活を一つの映像で表現してくださったグラシアス合唱団に感謝します。今日私たちが見て聞いた、イエス様の救いのメッセージは私のような大統領官邸の警護軍人だけでなく、全ての軍人にも必要です。『私たちは最後の時代にいます』と聖書は話していますが、イエスを覚えて私たちの心を御言葉の前に導いてくださる素晴らしい時間となりました」-ノーマン・フロレス少将

 


お祈りをお願いしたトニー・ベハノ兵士

「今日の公演とメッセージは本当に印象的でした。故郷にいる家族たちにもこのメッセージを伝えて欲しいです。特に私の弟は手術をしたのですが健康状態が芳しくないので、このメッセージによって希望を得て回復できるように祈ります」-トニー・ベハノ兵士

今回の上映会を準備した関係者はホンジュラスを愛する神様が私たちにたくさんの福音の道具を与え、多様な方法で福音を伝えられるように導いて下さったことに感謝し、今回の上映会を皮切りに他のところでもイースター・カンタータを通して罪の赦しの福音が伝えられることを願うと伝えた。