グッドニュース 国内・外のグッドニュース宣教会のすべてのニュースを見ることができます。

【アメリカ】パク・オクス牧師CTNマルコの福音書講解スタート

投稿者
goodnews2
投稿日
2021-07-26 09:55
閲覧数
62
2020年はパンデミックという暗い状況の中で神様が放送を通してアメリカに福音の新たな、生ける道を開いてくださったとグッドニュース宣教会のアメリカ支部は伝えた。2020年7月18日からCTN(Christian Television Network)を通して放送が始まったヨハネの福音書講解が7月9日土曜日(現地時間)、第52講を最後にその放送が終わった。CTNはアメリカ全域に2,700万の視聴家庭を保有しているアメリカを代表する保守主義キリスト教放送局である。CTNでヨハネの福音書講解が1年間放映されたのは全世界のキリスト教リーダーとしてのパク・オクス牧師のステータスを表し、アメリカのキリスト教がパク・オクス牧師の教役と説教を尊重していることを意味する。

ヨハネの福音書講解を通して多くのアメリカ市民が救われて、新しい希望と喜びを得た。またCTNのヨハネの福音書講解を皮切りにアメリカ全域に放送宣教が始まり、去年12月にはグラシアス合唱団のクリスマスコンサートがNBC、ABC、CBS、FOX等の地上波放送局を始め350社以上の放送局を通して放映され、アメリカ全域で合唱団の美しい公演と福音のメッセージを聞くことができた。

アメリカ支部はこれらの出来事について教会と兄弟姉妹たちの声援と祈りがなかったら不可能であった事を伝え、諦めることなくアメリカの放送宣教のために祈りと支援を続けてくれたことに感謝を宣べた。


7月18日(韓国の時間)からCTNを通してパク・オクス牧師のマルコの福音書講解が始まる。

韓国の時間7月18日(日)、午前10時(アメリカ東部時間7月17日午後9時)にヨハネの福音書講解に続いて、パク・オクス牧師のマルコの福音書講解がCTNで放送される予定である。今回のマルコの福音書講解はCTNだけでなくより多くの地域の放送局を通して放映される予定である。アメリカ支部はこれからもアメリカのより多くの放送局からパク・オクス牧師の説教が放映できるようお祈りと声援を送ってほしいと述べた。